メインメニューを開く

公益財団法人玄武洞ミュージアム(こうえきざいだんほうじんげんぶどうミュージアム)は、兵庫県豊岡市玄武洞公園にある豊岡杞柳細工博物館。玄武洞、世界の鉱石、鉱物、化石に関する資料の収集・保管・展示及び関連する調査研究、学習会等の開催等などの事業を実施している。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 玄武洞ミュージアム
玄武洞ミュージアム外観.jpg
玄武洞ミュージアム
施設情報
正式名称 公益財団法人 玄武洞ミュージアム
前身 玄武洞資料館
専門分野 宝石鉱物化石山陰海岸ジオパーク玄武洞玄武岩豊岡杞柳細工
事業主体 公益財団法人 玄武洞ミュージアム
管理運営 公益財団法人 玄武洞ミュージアム
延床面積 1500m2
開館 1972年
所在地 668-0801
兵庫県豊岡市赤石1362
位置 北緯35度35分20.3秒
東経134度48分12.6秒
外部リンク 玄武洞ミュージアム
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

概要編集

1972年(昭和47年)に開館した博物館で、世界中から集めた珍しい石を中心におよそ2500点余り収蔵しているほか、1200年の伝統を持つ国の伝統的工芸品である豊岡杞柳細工を展示している。

玄武洞ミュージアムでは主に鉱石化石を中心に4つのコーナーに分けて展示している。アジアゾウをはじめ、山陰海岸や、但馬地域の5億年の歩み、玄武洞に関する岩石・資料を展示している「岩石ゾーン」、アマゾナイト孔雀石アクアマリンなどの宝石砂漠のバラ菱マンガン鉱黄鉄鉱インカローズクリソコラオブシディアンなどの自然が創りだす鉱石や光る石を展示する「鉱物ゾーン」、ティラノサウルス全身骨格、シーラカンスカニエビなど様々な化石を展示する「化石ゾーン」、豊岡杞柳細工の歴史や技術を紹介する杞柳ゾーン」がある。いずれも第一級の鉱石である。

ショップでは豊岡鞄や豊岡杞柳細工をはじめとする地元の特産品や各種土産物の販売を行っており、レストランでは但馬牛などの食事を提供している。

沿革編集

  • 1972年(昭和47年) - 玄武洞資料館が開館する
  • 1983年(昭和58年) - 豊岡杞柳細工ミュージアムを開設する
  • 2018年(平成30年) - リニューアルオープン[1]

施設概要編集

 
アジアゾウ全身骨格(岩石ゾーン)
 
ティラノサウルス全身骨格(化石ゾーン)

ミュージアム棟編集

  • 岩石ゾーン(1階)
    • 玄武洞
    • 玄武岩
    • 但馬ジオ
    • 但馬三山
    • 山陰海岸ジオパーク
    • 地球のキセキ
    • 奇石ギャラリー
    • 但馬の恵み
  • 杞柳ゾーン(1階)
  • 鉱物ゾーン(2階)
    • 鉱物の誕生
    • 鉱物コレクション
    • 鉱物の分類
    • おもしろい石
    • 光る石
  • 化石ゾーン(2階)
    • 化石の世界
    • 進化の軌跡

店舗棟編集

  • ショップ
  • 菓子工房
    • 玄武洞まんじゅう、玄武洞カステラの製造及び直売
  • レストラン&カフェ
  • お手洗い

利用情報編集

  • 開館時間 - 9 - 17時 
  • 定休日 - 水曜日(春・夏・冬休み、GW・SWは開館)・年末年始

所在地編集

  • 兵庫県豊岡市赤石1362

交通編集

脚注編集

外部リンク編集