メインメニューを開く

玄武湖公園(げんぶここうえん)は中華人民共和国江蘇省南京市玄武区に位置する公園中華民国の時代は五州公園と称され、中華人民共和国成立後に現在の玄武湖公園と改名された。

玄武湖公園
Genbuko00.jpg
玄武湖公園
各種表記
繁体字 玄武湖公園
簡体字 玄武湖公园
拼音 Xuánwŭhú Gōngyuán
テンプレートを表示
玄武門

玄武湖は南京市内の北東に位置し南京駅の目の前にある。南朝年間により黒龍が現れたという伝説が残りの王朝や孫権が玄武湖で水軍の訓練を行った。六朝以前は秣陵湖、昆明湖、後湖等と呼ばれ古代中国では帝王大臣たちの園林であった。代のころは宮廷の禁苑で、全国の戸籍簿を蔵する「黄冊庫」があった。中国歴代(東晋から)の有名な文人である郭璞蕭統李煜韋荘杜牧劉禹錫李商隠李白欧陽脩王安石曹雪芹らも玄武湖で詩を詠んだとされている。玄武湖の水源は東に位置する紫金山を水源としており、その水は玄武湖から鶏鳴寺の付近より南京城内の秦淮河へ流れ込み、さらに長江へと流れ込む。湖には環州、桜州、菱州、梁州、翠州の5つの島が浮かぶ。現在は周囲約15kmの広々とした湖が広がる公園で観光地となり南京市民の憩いの場にもなっている。玄武湖周辺は九華山公園鶏鳴寺台城白馬公園がある。

交通アクセス編集

南京駅近くのバス停「南京車站」で游1のバスに乗車し「玄武湖公園」にて下車後、徒歩にて約5分。

座標: 北緯32度04分18秒 東経118度47分36秒 / 北緯32.0716度 東経118.7934度 / 32.0716; 118.7934