玄永哲

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人

玄 永哲(げん えいてつ、ヒョン・ヨンチョル、朝鮮語: 현영철1949年1月11日 - 2015年4月30日?)は、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の軍人2012年から2013年にかけて朝鮮人民軍総参謀長朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長、党中央委員会政治局員候補を歴任し、次帥の軍事称号を保有していた。その後、大将として、朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員、人民武力部長を務めた。

玄 永哲
현영철
生誕 (1949-01-11) 1949年1月11日
Flag of North Korea.svg 朝鮮民主主義人民共和国
咸鏡北道
鏡城郡
死没 (2015-04-30) 2015年4月30日(66歳没)
Flag of North Korea.svg 朝鮮民主主義人民共和国
平壌
所属組織 Flag of the Korean People's Army (1992–1993).svg 朝鮮人民軍
軍歴 1966年 - 2015年
最終階級 General of the Army rank insignia (North Korea).svg 陸軍大将 (降格)
(最高位はVice-Marshal rank insignia (North Korea).svg次帥)
テンプレートを表示
玄永哲
各種表記
ハングル 현영철
漢字 玄永哲
発音: ヒョン・ヨンチョル
日本語読み: げん えいてつ
英語表記: Hyon Yong-chol
テンプレートを表示

経歴編集

北朝鮮国営メディアの報道によると、1949年1月に咸鏡北道で生まれ、1966年3月に軍に入る[1]

2002年、中将に昇格[2]。2009年3月、第12期最高人民会議において代議員に選出[2]

2010年9月、金正恩と共に大将に昇格し、9月28日の第3回党代表者会においても正恩と同じく党中央委員に選出されたことから、その側近として軍掌握を補佐してきたとみられる[3]

2012年2月9日、最高人民会議常任委員会政令により、新たに創設された金正日勲章を受章[3][4]

平壌北側の防衛と中国接境地域の警戒を担当する人民軍第8軍団長を務めていたが[5]、7月15日に李英浩総参謀長が全役職から解任されると、翌16日付の党中央軍事委員会および国防委員会の決定により次帥に昇格[3]。7月18日には後任の朝鮮人民軍総参謀長への就任が確認され[6]、7月26日に党中央軍事委員会副委員長への就任が確認された[7]

2012年10月から11月頃にかけて行われた軍への大規模検閲の際、軍兵士の脱北の増加等、軍の規律の緩みの責任を取らされて、次帥から大将に降格された[8]。同時期に降格された崔竜海金英哲は、その後、元の階級への復帰が確認されているが、玄永哲の元の階級への復帰は確認されていない。

2013年3月31日の党中央委員会全員会議で党中央委員会政治局員候補に選出されたことが判明[9]、同年5月には総参謀長を解任されたことが判明した。後任には2007年から2010年まで総参謀長を勤めた金格植が復帰した[10]。同年6月の報道から、東部前線を管轄する第5軍団長に任命され、上将に降格されたと見られた[11]

2014年6月25日、前日の24日に開催された軍民決起集会を報じる朝鮮中央放送の報道で、張正男に替わって玄永哲が人民武力部長に就任していたことが判明した。この際、玄永哲は大将として紹介された[12]。同年9月25日の第13期最高人民会議第2回会議で国防委員に選出された。

2015年5月13日、大韓民国国家情報院は玄永哲が4月30日に反逆罪処刑されたことを明らかにした。玄は金正恩第1書記に不満を示し、数回にわたり指示に従わなかったほか、4月24、25両日に開かれた軍訓練幹部大会で居眠りしたため、平壌の射撃場で高射機関銃で銃殺されたと報告した[13]。しかし、14日に朝鮮中央テレビが放映した金正恩第1書記の記録映画で、玄永哲の姿が削除されておらず、生存している可能性も指摘された[14]

2015年5月17日、北朝鮮は韓国国家情報院の発表について韓国メディアが北朝鮮の体制を恐怖政治と報道していることを批判するだけで、玄永哲らの粛清については否定も肯定もしなかった[15]。一方、同年6月15日に韓国メディアは、既に北朝鮮が玄永哲を命令不服従で粛清したことを在外公館に対して通告したと報じた[16]。7月11日には平壌での北朝鮮とラオスの軍関係者の席上に朴永植が人民武力部長として参加したことが朝鮮中央通信によって明らかにされ、少なくとも玄永哲がこの時点で人民武力部長を退いていたことが確実となり、北朝鮮が事実上粛清を認めたものと報じられた[17]

韓国メディアは、地対空ミサイル購入交渉などでロシアとの交渉窓口だった玄永哲が粛清されたことは、改善しつつあった北朝鮮とロシアとの関係に影響を与えていると分析した[18][19]

2019年3月に行われた最高人民会議第14期代議員選挙では選出者に名前がなかったことが確認されている[20]

叙勲編集

  金日成勲章2回
  金正日勲章
  1等国旗勲章7回
  1等自由独立勲章2回
  朝鮮労力勲章2回
  2等国旗勲章5回
  2等自由独立勲章
  3等国旗勲章2回
  2等戦士栄誉勲章

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Hyon Yong-chol, the general who rose out of obscurity BBC news 2015年5月13日
  2. ^ a b 朝鲜授予玄永哲人民军次帅称号 朝鲜军衔分六等23级」『新华网』2012年7月18日 (中国語)
  3. ^ a b c 北、玄永哲大将に次帥称号…総参謀長後任か」『読売新聞』2012年7月17日
  4. ^ 朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議常任委員会政令第2193号 2012年2月9日」『労働新聞』2012年2月14日。
  5. ^ 次帥昇進の玄永哲、10年に金正恩と一緒に大将の称号」『東亜日報』2012年7月18日
  6. ^ 北朝鮮:軍総参謀長に玄永哲氏 平壌放送で判明」『毎日新聞』2012年7月18日。
  7. ^ 玄永哲氏は党軍事副委員長=李英鎬前軍総参謀長の後任-北朝鮮」『時事通信』2012年7月27日。
  8. ^ 北韓の玄永哲軍総参謀長 次帥から大将に降格か、KBS WORLD 2012年10月11日
  9. ^ 北朝鮮で労働党全員会議、権力の重大変化を発表 中央日報 2013年4月1日
  10. ^ 北朝鮮軍総参謀長に金格植氏復帰 強硬派、背景は不明」『朝日新聞デジタル』2013年5月22日
  11. ^ 金正恩、休戦ラインに登場…挑発発言はなし」『中央日報日本語版』2013年06月04日
  12. ^ 北の人民武力部長また交代 元総参謀長1年余で復活 産経ニュース 2014年6月25日
  13. ^ 玄永哲人民武力相を処刑=反逆罪で公開銃殺-北朝鮮 時事ドットコム 2015年5月13日
  14. ^ 処刑説の北朝鮮幹部、生存か?記録映画から削除されず 朝日新聞 2015年5月15日
  15. ^ “北朝鮮 軍高官らの粛清に初めて反応=否定も肯定もせず”. 朝鮮日報. (2015年5月17日). http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/05/17/2015051700499.html 2015年5月17日閲覧。 
  16. ^ “北朝鮮、玄永哲国防相を処刑か 朝鮮日報「命令不服従」と報道”. 産経新聞. (2015年6月15日). http://www.sankei.com/world/news/150615/wor1506150014-n1.html 2015年7月12日閲覧。 
  17. ^ “北朝鮮、人民武力相の粛清認める?後任を報道”. 読売新聞. (2015年7月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20150711-OYT1T50121.html 2015年7月12日閲覧。 
  18. ^ 北朝鮮が人民武力相を粛清 ロシアNOW 2015年8月19日閲覧
  19. ^ <北朝鮮恐怖統治>玄永哲の粛清…「ロシアの目に金正恩はおかしな人に映るはず」 中央日報 2015年8月19日閲覧
  20. ^ “北朝鮮代議員選挙結果を徹底分析!相次ぐ実力者らの意外な「落選」が判明! - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/pyonjiniru/20190313-00118076/ 2019年6月2日閲覧。 
   朝鮮民主主義人民共和国
先代:
李英浩
朝鮮人民軍総参謀長
2012年 - 2013年
次代:
金格植
先代:
張正男
人民武力部長
2014年 - 2015年
次代:
朴永植