メインメニューを開く

玉ねぎ横丁の花嫁さん』(たまねぎよこちょうのはなよめさん)は、NET(現・テレビ朝日)系列ナショナルゴールデン劇場(毎週木曜日21時台)の枠で、1976年10月14日から1977年2月3日まで放送されていたテレビドラマである。全17話。

玉ねぎ横丁の花嫁さん
ジャンル テレビドラマ
脚本 ジェームス三木
演出 山内和郎、田中利一
出演者 杉浦直樹香山美子石立鉄男春川ますみ大坂志郎佐野浅夫 ほか
オープニング 八代亜紀『あい逢い横丁』
制作 NET(現・テレビ朝日)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1976年10月14日1977年2月3日
放送時間 木曜日21:00〜21:54
放送枠 ナショナルゴールデン劇場
放送分 54分
回数 17
テンプレートを表示

概要・内容編集

だいこんの花』から続く“野菜シリーズ”の第9作[1]。加代子と銀平、ピアノ運送店を営む石橋家などを中心に、「玉ねぎ横丁」を舞台にして、好奇心が人一倍盛んなそこの住人達の悲喜こもごもな様子を描いたホームコメディー。

昭和43年の冬に3年間連れ添った夫の銀平に蒸発された加代子は、奇術師となって夫を捜すためのドサ回りの旅に出た。本作の物語の始まりはこれより8年後の昭和51年(本作のスタート年)からで、石橋渡は玉ねぎ横丁にやって来た加代子に出会って一目惚れ、プロポーズを受け入れて二人は結婚。ところが、加代子が隣家に挨拶回りに行ったところ、その前夫・銀平にばったり再会し、びっくり仰天するのだった。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

サブタイトル編集

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1976年10月14日 隣りのあの人、昔の夫 山内和郎
2 10月21日 可愛い女は嘘をつく
3 10月28日 殺してごめんね
4 11月4日 遠くはなれて子守唄
5 11月11日 夢の重さは200キロ
6 11月18日 母を訪ねて・・・
7 11月25日 4畳半のハムレット
8 12月2日 渡る世間は鬼だらけ
9 12月9日 恐怖の戸籍調べ
10 12月16日 妻は夫をいたわりつ
11 12月23日 ダイヤのガラスモンド
12 12月30日 私の死体が見つかった
13 1977年1月6日 よくも騙したな? 田中利一
14 1月13日 人の女房と知りながら
15 1月20日 あなたならどうする
16 1月27日 爆発一秒前
17 2月3日 生きるか死ぬか

参考文献編集

脚注編集