メインメニューを開く

玉乃島新(たまのしま あらた、1977年9月15日 - )は、片男波部屋に所属した元大相撲力士。得意技は、左四つ、寄り、右おっつけ突っ張り。最高位は西関脇2004年1月場所)。現在は年寄放駒を名乗る。

玉乃島新 Sumo pictogram.svg
Tamanoshima 08 Sep.jpg
基礎情報
四股名 玉乃島 新
本名 岡部 新
愛称 アラタ
生年月日 (1977-09-15) 1977年9月15日(41歳)
出身 福島県西白河郡泉崎村
(出生地は秋田県雄勝郡雄勝町、現在の湯沢市[1]
身長 187cm
体重 164kg
BMI 46.90
所属部屋 片男波部屋
得意技 左四つ、寄り
成績
現在の番付 引退
最高位 西関脇
生涯戦歴 557勝582敗4休(82場所)
幕内戦歴 395勝441敗4休(56場所)
優勝 十両優勝1回
敢闘賞5回
技能賞1回
データ
初土俵 1998年3月場所[1]
入幕 2000年11月場所[1]
引退 2011年11月場所[1]
引退後 年寄・西岩放駒
趣味 音楽鑑賞、トランプ
備考
金星2個(武蔵丸1個、朝青龍1個)
2014年12月1日現在

目次

人物編集

福島県西白河郡泉崎村出身。本名は岡部新(おかべ あらた)、愛称はアラタ。身長187cm、体重164kg。

プロボクサータートル岡部(元日本ミドル級王者)の次男、元十両・玉ノ国光国の弟である。また、元大関清國の甥(清國の実妹の子)で落語家林家木りんは従弟。
尚、自身の出生地は秋田県雄勝郡雄勝町(現在の湯沢市)、育ちは東京都文京区であるが、日本相撲協会へは父親の故郷を出身地として届け出ている[1]

趣味は音楽鑑賞とトランプで、好物は鶏のから揚げ干支は巳年、血液型はO型。

来歴編集

上述のように、母方の伯父が元大関、父が元プロボクサー、兄も大相撲力士というスポーツ家系に生まれる。小学生から兄と共に相撲クラブで相撲を始めた。中学を卒業した後は、強豪金沢市立工高に相撲留学している。その後、兄も進学していた東洋大学に進学し、中学時代からのライバルである竹内(のちの雅山)とタイトルを争ったが、大学は2年で中退し、片男波部屋に入門した[1]。清國の甥という縁で旧伊勢ヶ濱部屋に入門することも予想されていたが、清國とタートル岡部が不仲であった事からこれは実現に至らなかった[2]

1998年3月場所に幕下付出初土俵を踏んだ。大学を卒業した兄も同時に同じ部屋から幕下付出で初土俵を踏んでおり、これは史上初の兄弟同時の幕下付出であった。当初は玉ノ洋(たまのなだ)という四股名を名乗った。その後は順調に番付を上げて行き、1999年9月場所に十両に昇進、2000年11月場所に新入幕を果たした。その場所は7勝8敗と負け越し十両に陥落したが、2001年3月場所に再入幕を果たし、それ以降は幕内に定着した。

その再入幕に際して、四股名を玉乃島と改めた。これは現役中に亡くなっている51代横綱玉の海大関時代まで名乗った四股名[1]であり、当時の師匠・片男波(元関脇・玉ノ富士)が、有望な力士にこの由緒ある四股名を襲名させようと考えていたためである。

その再入幕の場所で11勝4敗の成績を挙げて敢闘賞を受賞し、2場所後の2001年7月場所には12勝3敗の成績を挙げて再び敢闘賞を受賞して、翌9月場所には入幕後5場所目にして小結昇進を果たした。玉乃島は東洋大学出身者として初めて三役力士となった[3]。2004年1月には関脇に昇進した。大関候補として期待もされていたが、通算4場所務めた三役では勝ち越すことができず、結局、平幕で相撲を取ることがほとんどであった。

2008年1月場所には兄・玉光国が引退したが、その場所背中を痛めていた玉乃島は平幕下位で3勝12敗と大きく負け越して、42場所連続で守った幕内の地位を失った。その時は1場所のみで幕内復帰を果たした。しかし2009年9月場所から5場所連続で負け越して、2010年7月場所に再び十両に陥落した。十両でも負け越しを続けたが、11月場所に9勝6敗と8場所ぶりに勝ち越した

2011年は1月場所こそ9勝6敗と勝ち越したものの、大相撲八百長問題による3月場所中止以後は力を落とし、5月の技量審査場所から4場所連続で負け越した。9月場所は5勝10敗の不振に終わるも10日目の佐田の富士戦では立合いの当たりを受けて鼻血を出しながら上手投げで勝利するという見せ場を作った。[4]11月場所は初日から8連敗を喫し9日目に現役引退を表明(9日目の琴勇輝戦は不戦敗となった)。年寄・西岩若の里からの借株で襲名した[5]。その後、2013年5月に年寄名跡・放駒を取得し、名跡変更した[6]

2014年11月24日付で松ヶ根部屋(同年12月1日に二所ノ関部屋に名称変更[7])に移籍した[8]

力士としての特徴編集

腕力が強く、右のおっつけが峻烈で、これを利して前に出るのが理想であった。押し相撲でも強かったが、左を差して出る形も良かった。元は四つ相撲主体であったが1999年9月場所の北桜戦がおっつけや押し相撲の深化のきっかけとなったと本人が引退会見で語っていた。[9]だが、ツラ相撲の傾向があり、調子がよいと大勝ちを収めることも多かったが、大負けを喫することもままあった。また、怪我の多い力士で、魁皇小手投げによって痛めた左腕をはじめ、右肩・股関節・背中などを痛めた経験があった。

2009年9月場所7日目 朝青龍戦編集

朝青龍はまず玉乃島に左ひじをきめられて後退。苦境でうまくいなすと、俵に詰まった玉乃島は後ろ向きになった。朝青龍は両手で押しながら、痛めているはずの右ひざを、玉乃島の左尻にぶつけた(決まり手は送り出し)この「蹴り出し」に対する抗議電話は協会に対して10分以上、約30件続いた。朝青龍は「万全でない右足ではすり足ができず踏み込むためには足を大きく降りあげるしかなかった」という趣旨の説明をした。規則上「胸や腹を蹴ること」は反則だが、尻については明記されていない。武蔵川理事長(役職は当時、元横綱三重ノ海)は「体が一緒にいったんでしょう。蹴りじゃないよ」と流れと解釈し、土俵下の放駒審判長(当時、元大関魁傑)も「確かにひざは当たったけど、動きの中で、蹴りにいったとは見えなかった」と説明した。[10][11]

主な成績編集

通算成績編集

  • 通算成績:557勝582敗4休 勝率.489
  • 幕内成績:395勝441敗4休 勝率.472
  • 通算在位:82場所
  • 幕内在位:56場所
  • 三役在位:4場所(関脇1場所、小結3場所)

各段優勝編集

  • 十両優勝:1回(2001年1月場所)

三賞・金星編集

  • 三賞:6回
    • 敢闘賞:5回(2001年3月場所、2001年7月場所、2003年11月場所、2005年3月場所、2006年7月場所)[1]
    • 技能賞:1回(2004年5月場所)
  • 金星:2個

場所別成績編集

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                
玉乃島新[12]
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1998年
(平成10年)
x幕下付出60枚目
5–2 
西幕下43枚目
4–3 
西幕下34枚目
6–1 
東幕下13枚目
5–2 
西幕下6枚目
3–4 
1999年
(平成11年)
東幕下11枚目
3–4 
東幕下17枚目
4–3 
西幕下11枚目
5–2 
西幕下4枚目
5–2 
西十両13枚目
10–5 
西十両7枚目
6–9 
2000年
(平成12年)
西十両10枚目
5–10 
東幕下2枚目
5–2 
東十両12枚目
11–4 
東十両4枚目
7–8 
西十両5枚目
10–5 
西前頭14枚目
7–8 
2001年
(平成13年)
東十両筆頭
優勝
12–3
東前頭10枚目
11–4
東前頭3枚目
5–10 
西前頭7枚目
12–3
西小結
7–8 
西前頭筆頭
7–8 
2002年
(平成14年)
東前頭2枚目
3–12 
東前頭9枚目
6–9 
西前頭11枚目
5–10 
西前頭15枚目
11–4 
東前頭5枚目
8–7 
西前頭3枚目
5–10 
2003年
(平成15年)
東前頭8枚目
8–7 
西前頭4枚目
8–7 
西前頭3枚目
7–8 
東前頭4枚目
5–10
西前頭7枚目
9–6 
西前頭3枚目
10–5
2004年
(平成16年)
西関脇
5–10 
西前頭3枚目
6–9 
西前頭5枚目
12–3
西小結
6–9 
西前頭2枚目
7–8 
東前頭4枚目
8–7 
2005年
(平成17年)
東前頭3枚目
5–10 
西前頭7枚目
12–3
東前頭筆頭
5–10 
西前頭4枚目
5–10 
西前頭8枚目
11–4 
東前頭筆頭
8–7 
2006年
(平成18年)
西小結
7–8 
東前頭筆頭
5–10 
東前頭6枚目
6–9 
東前頭10枚目
11–4
東前頭2枚目
4–11 
東前頭7枚目
2–9–4[13] 
2007年
(平成19年)
東前頭14枚目
10–5 
西前頭8枚目
10–5 
西前頭2枚目
6–9 
西前頭5枚目
6–9 
東前頭7枚目
8–7 
東前頭6枚目
4–11 
2008年
(平成20年)
西前頭13枚目
3–12 
東十両5枚目
10–5 
西前頭13枚目
9–6 
東前頭10枚目
7–8 
東前頭12枚目
7–8 
西前頭13枚目
6–9 
2009年
(平成21年)
東前頭15枚目
11–4 
東前頭6枚目
8–7 
東前頭3枚目
5–10 
西前頭6枚目
9–6 
東前頭3枚目
5–10 
東前頭7枚目
4–11 
2010年
(平成22年)
東前頭13枚目
7–8 
西前頭14枚目
6–9 
西前頭16枚目
5–10 
東十両5枚目
6–9 
西十両6枚目
7–8 
西十両8枚目
9–6 
2011年
(平成23年)
東十両6枚目
9–6 
八百長問題
により中止
西十両筆頭
4–11 
西十両3枚目
6–9 
東十両7枚目
5–10 
東十両12枚目
引退
0–9–0
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

改名歴編集

力士時代編集

  • 玉ノ洋 新(たまのなだ あらた)1998年3月場所 - 2001年1月場所
  • 玉乃島 新(たまのしま あらた)2001年3月場所 - 2011年11月場所

年寄編集

  • 西岩 新(にしいわ あらた) 2011年11月21日 - 2013年5月7日
  • 放駒 新(はなれごま あらた) 2013年5月7日 -

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h ベースボールマガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(2) ニ所ノ関部屋』p26
  2. ^ 清国は週刊ポスト誌上で一門の長でありながら現役力士の無気力相撲を批判したことがあり、玉乃島を無気力相撲に染まった顕著な例として扱っていた。
  3. ^ 水野尚文・亰須利敏編著『平成22年版大相撲力士名鑑』共同通信社、2009年、262頁
  4. ^ 十両で珍事…玉乃島“鼻血待った”も勝った Sponichi Annex 2011年9月21日 06:00
  5. ^ 元関脇の玉乃島が引退 年寄「西岩」襲名 デイリースポーツ 2011年11月21日閲覧
  6. ^ 西岩親方が「放駒」に=大相撲 時事ドットコム 2013年5月7日閲覧
  7. ^ 日本相撲協会公式Twitter
  8. ^ “放駒親方、二所ノ関親方が松ヶ根部屋に転籍”. 日刊スポーツ. (2014年11月25日). http://www.nikkansports.com/sports/sumo/news/f-sp-tp3-20141125-1400835.html 
  9. ^ 引退の玉乃島、悔いなし!「すがすがしい気持ち」 Sponichi Annex 2011年11月23日 06:00
  10. ^ 朝青龍が尻にヒザ蹴り!?抗議30件/秋場所記事を印刷する nikkansports.com 2009年9月20日9時56分
  11. ^ ラジオNIKKEIのアナウンサーでありアマチュア相撲の2段(日本相撲連盟)のキャリアを持っている舩山陽司は「送り出す際に手を伸ばして背中を押すと簡単にかわされたり腕を取って引っ掛けられたり捻られたりするリスクが高過ぎる。相手の腰または尻に自分の胸や腹をぶつけていくのが正しい。しかも太腿で相手の逃げ場をなくす方が良い。こうすれば相手は振り向く事なく小細工を出す余裕もなく土俵を割るしかない。今回の朝青龍の相撲は基本を守ったに過ぎない」と自身のコラムで反論した。
    舩山陽司アナ「蹴り出し騒動!?みんな相撲を知らないんだねえ」 ラジオNIKKEI 2009/09/24(木) 12:29
  12. ^ Rikishi in Juryo and Makunouchi” (English). szumo.hu. 2007年7月24日閲覧。
  13. ^ 股関節亜脱臼

外部リンク編集