メインメニューを開く

玉前神社(たまさきじんじゃ)は、千葉県長生郡一宮町一宮にある神社式内社名神大社)、上総国一宮旧社格国幣中社で、現在は神社本庁別表神社

玉前神社
玉前神社
拝殿
所在地 千葉県長生郡一宮町一宮3048
位置 北緯35度22分33.95秒
東経140度21分37.74秒
座標: 北緯35度22分33.95秒 東経140度21分37.74秒
主祭神 玉依姫命
社格 式内社名神大
上総国一宮
国幣中社
別表神社
創建 不詳
本殿の様式 権現造
例祭 9月13日(十二社祭り・上総裸祭り)
地図
玉前神社の位置(千葉県内)
玉前神社
玉前神社
テンプレートを表示

目次

祭神編集

祭神は次の1柱[1]

『延喜式』神名帳を始めとして文献上は祭神は1座とされているが、古社記には鵜茅葺不合命の名が併記されている[2]。そのほかに『大日本国一宮記』では前玉命とし、また天明玉命とする説もあった。

歴史編集

概史編集

永禄年間(1558年-1570年)の戦火により社殿および古記録等が焼失したため、創建年代は不明。他の文献等により、少なくとも鎮座以来1,200年以上経過していることは間違いないとされる。

延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳』では、上総国埴生郡に「玉前神社 名神大」と記載され、名神大社に列している。また、上総国一宮として崇敬を受けたとされる。

江戸時代貞享4年(1687年)に現在の社殿が造営される。

1871年明治4年)近代社格制度において国幣中社に列した。1900年(明治33年)と1923年大正12年)には社殿等の改修が行われた。

神階編集

  • 貞観10年(868年)7月27日、従五位上勲五等から従四位下勲五等 (『類聚国史』) - 表記は「玉崎神」。
  • 元慶元年(877年)5月17日、従四位上勲五等から正四位下勲五等 (『日本三代実録』) - 表記は「玉埼神」。
  • 元慶8年(884年)7月15日、正四位上勲五等 (『日本三代実録』) - 表記は「玉崎神」。

境内編集

社殿は本殿・幣殿・拝殿がつながった権現造である。いずれも江戸時代の貞享4年(1687年)の造営で、千葉県指定文化財に指定されている。

摂末社編集

  • 招魂殿 - 祭神:一宮出身の戦没者325柱。
  • 十二社 - 一宮町内にあった12社を合祀。
  • 三峯神社

祭事編集

年間祭事編集

例祭編集

例祭は9月13日に行われる。「上総十二社祭り」または「上総裸祭り」といわれる裸祭り千葉県の無形民俗文化財指定。

上総神楽編集

約300年近い歴史を持つ太太神楽。かつては36座あったが現在は25座を伝承。年に数度奉納される。千葉県の無形民俗文化財指定。

文化財編集

重要文化財(国指定)編集

  • 梅樹双雀鏡 (ばいじゅそうじゃくきょう)(工芸品) - 千葉県立中央博物館大多喜城分館に寄託。昭和28年11月14日指定。

千葉県指定文化財編集

  • 有形文化財
    • 玉前神社社殿と棟札(建造物) - 平成8年3月22日指定。
  • 無形民俗文化財
    • 玉前神社神楽 - 昭和33年4月23日指定。
    • 上総十二社祭り - 平成15年3月28日指定。

一宮町指定文化財編集

  • 有形文化財
    • 萌黄縅胴丸(工芸品) - 千葉県立中央博物館大多喜城分館に寄託。昭和56年6月17日指定。
    • 松喰鶴鏡(工芸品) - 千葉県立中央博物館大多喜城分館に寄託。昭和52年10月28日指定。
    • 蓬莢鏡(工芸品) - 千葉県立中央博物館大多喜城分館に寄託。昭和52年10月28日指定。
    • 里見義頼寄進状(古文書) - 千葉県立中央博物館大多喜城分館に寄託。昭和52年10月28日指定。
  • 史跡
    • 芭蕉の句碑 - 平成4年1月14日指定。
  • 天然記念物
    • イヌマキの群生 - 昭和62年7月14日指定。

現地情報編集

所在地

交通アクセス

周辺

  • 観明寺 - 元別当寺。金毘羅堂(一宮町指定文化財)は明治12年(1879年)に玉前神社境内から移築。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 神社由緒書。
  2. ^ 公式サイトの祭神項

参考文献編集

  • 神社由緒書
  • 「玉前神社」『日本歴史地名大系 12 千葉県の地名』平凡社、1996年。ISBN 978-4582490121
  • 鈴木仲秋「玉前神社」『日本の神々 -神社と聖地- 11 関東』谷川健一編、白水社、1984年。ISBN 4560025118

外部リンク編集