メインメニューを開く

玉勝間(たまかつま[1]、たまがつま[2])は江戸時代国学者本居宣長随筆。14巻で目録が1巻。1795年寛政7年) - 1812年文化9年)の間に、3巻ずつ刊行された。1005段よりなる。


概要編集

「たまがつま」の「たま」は接頭語で、目の細かい竹のかごを表す古語、あるいは竹籠の実と蓋が合うことから、「あへ」「あふ」「しま」「し」にかかる枕詞でもある。宣長が古典研究で得た知識を収録し、有職故実や語源の考証、談話・聞書抄録など多様の分野にわたる学問・思想についての見解を述べたもので、1793年より起稿し、1801年享和元年)までの記事を載せ、その後推敲を重ねて完成したものである。「葬礼婚礼など、ことに田舎には古く面白き事多し」とあり、民俗的視点をもそなえている。宣長の生活・学問への傾注が記述されており、晩年の思想を知る上でも重要な書である。

20世紀以降の活字による翻刻版として、本居宣長全集のほかに岩波文庫と日本思想大系とがあり、日本思想大系は注釈もついている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 広辞苑 岩波書店 1992年
  2. ^ 草稿本の内題に、宣長の自筆で「玉賀都万」とある。公益財団法人鈴屋遺蹟保存会 本居宣長記念館”. www.norinagakinenkan.com. 2019年3月11日閲覧。

参考文献編集