メインメニューを開く

玉城御殿(たまぐすくうどぅん)は、尚清王の六男・東風平王子朝典を元祖とする琉球王族第二尚氏の分家で九世・玉城按司朝長より玉城間切(現:南城市(玉城地区))の按司地頭をつとめた琉球王国大名

九世・朝長の時、玉城間切の按司地頭となり、以後琉球処分まで代々玉城間切を継承したため、玉城御殿と呼ばれるようになった。八世・朝意の娘・思真鶴金は尚穆王に嫁いで王妃(佐敷按司加那志)となった。十二世・朝敕の妻・仲井間翁主は、尚灝王三女である。十三世・朝知の時に琉球処分を迎えた。

系譜編集

  • 一世・東風平王子朝典
  • 二世・東風平按司朝易
  • 三世・兼城按司朝實
  • 四世・高嶺按司朝喜(金武御殿二世・金武王子朝貞の四男。朝實の養子となる)
  • 五世・高嶺按司朝宜(朝喜長男。1673年、父から家督を継ぐも、護得久御殿四世・具志川按司朝孝が嗣子無きため、1678年、その家督を継ぎ、具志川按司朝宜を名乗る)
  • 五世・高嶺按司朝寄(朝喜次男。家督相続)
  • 六世・高嶺按司朝仁(享年六)
  • 七世・高嶺按司朝愈(実父は護得久御殿五世・具志川按司朝宜。朝仁早世のため養子となる)
  • 八世・高嶺王子朝意
  • 九世・玉城按司朝長
  • 十世・不詳
  • 十一世・玉城按司朝昆
  • 十二世・玉城按司朝敕
  • 十三世・玉城按司朝知(伊江御殿十一世・伊江王子朝直の四男。朝敕の養子となる)
  • 十四世・玉城尚秀(尚泰王五男。朝知の婿養子となる)

参考文献編集

  • 沖縄県姓氏家系大辞典 編纂委員会編『沖縄県姓氏家系大辞典』 角川書店 1992年
  • 高嶺朝誠「向姓家譜 玉城按司および関係資料紹介」『史料編集室紀要』第31号 沖縄県教育委員会 2006年

関連項目編集