玉城村

日本の沖縄県島尻郡にあった村

玉城村(たまぐすくそん)は沖縄本島南部に位置していた。島の南に奥武島がある。

たまぐすくそん
玉城村
玉泉洞
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
佐敷町知念村大里村玉城村南城市
現在の自治体 南城市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方沖縄地方
都道府県 沖縄県
島尻郡
市町村コード 47345-6
面積 16.87km2
総人口 10,541
(2005年12月1日)
隣接自治体 佐敷町大里村知念村具志頭村
村の木 リュウキュウコクタン
村の花 ハイビスカス
村の花木 サルスベリ
玉城村役場
所在地 901-0695
沖縄県島尻郡玉城村字富里143番地
座標 北緯26度08分40秒 東経127度46分01秒 / 北緯26.14442度 東経127.76692度 / 26.14442; 127.76692座標: 北緯26度08分40秒 東経127度46分01秒 / 北緯26.14442度 東経127.76692度 / 26.14442; 127.76692
玉城村の県内位置図
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

2006年1月、佐敷町知念村大里村と合併し南城市となった。村役場は富里に置かれ、合併後村役場が南城市の本庁舎となった。

地理編集

字一覧編集

  • 愛地(あいち)
  • 糸数(いとかず)
  • 奥武(おう) - 玉城村域内で二番目に人口が多い字(行政区)
  • 親慶原(おやけばる) - 終戦後は一時期軍政府が置かれた
  • 垣花(かきのはな)
  • 喜良原(きらばる)
  • 志堅原(しけんばる)
  • 玉城(たまぐすく)
  • 當山(とうやま)
  • 中山(なかやま)
  • 仲村渠(なかんだかり)
  • 百名(ひゃくな)
  • 富里(ふさと)
  • 船越(ふなこし)
  • 堀川(ほりかわ) - 奥武から分立
  • 前川(まえかわ)
  • 屋嘉部(やかぶ)

隣接していた自治体編集

歴史編集

かつては玉城・和名・百名・奥武・志堅原・仲栄真・あだん口・嶺・下百名・当山・糸数・富名腰・目取真・稲福・大城の15集落から玉城間切をなしていた。

  • 1868年 - 大城・稲福・目取真を大里間切に分離。あだん口・嶺・下百名が廃止。屋嘉部・富里・前川・仲村渠・仲間を新設して14集落となった。
  • 1908年4月1日 - 島嶼町村制により玉城村となる。
  • 1945年 - 一部知念村に編入される。沖縄戦で玉城村を含む知念半島全体が民間人収容所となる。玉城村では百名、仲村渠、下茂田を中心に米軍が巨大な収容所を運営した。
  • 1951年 玉城村の面積の約半分が米軍基地「知念補給地区」として占有される。また、後にミサイル基地「知念第2サイト」が設営される。水源地が米軍基地となり、水不足や水質汚染に悩まされる。
  • 2006年1月1日 - 佐敷町・大里村・知念村と合併し、南城市となる。

行政編集

  • 村長(最終):大城晃

米軍基地編集

知念半島にあった米軍基地
FAC6068 知念第1サイト 知念第1陸軍補助施設 B表: 陸自知念分屯地
FAC6069 知念第2サイト 知念第2陸軍補助施設 B表: 空自知念分屯基地
FAC6070 新里通信所 新里通信所 1974年に返還
FAC6071 知念補給地区 陸軍混成サーヴィス群地区 1974年に返還

現在の南城市玉城地域編集

合併後、住所は南城市の次に旧村名の「玉城」が頭につき「南城市玉城字○○」となった。字玉城でも「玉城字玉城」となる。

教育編集

交通編集

路線バス

琉球バス交通沖縄バスが運行されている。

  • 39番・百名線(沖縄バス)
  • 40番・大里線(沖縄バス)
  • 41番・つきしろの街線(沖縄バス)
  • 50番・百名(東風平)線(琉球バス交通)
  • 51番・百名(船越)線(琉球バス交通)
  • 53番・志喜屋線(琉球バス交通)
  • 54番・前川線(琉球バス交通)
  • 82番・玉泉洞糸満線(琉球バス交通)
  • 83番・玉泉洞線(琉球バス交通)

道路

公共施設編集

観光・名所・旧跡編集

関連項目編集

外部リンク編集