玉川 (世田谷区)

日本 > 東京都 > 世田谷区 > 玉川 (世田谷区)

玉川(たまがわ)は、東京都世田谷区町名。現行行政地名は玉川一丁目から玉川四丁目。住居表示実施済み。郵便番号158-0094[2]

玉川
—  町丁  —
兵庫島公園
玉川の位置(東京23区内)
玉川
玉川
玉川の位置
座標: 北緯35度36分47.49秒 東経139度37分38.68秒 / 北緯35.6131917度 東経139.6274111度 / 35.6131917; 139.6274111
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Setagaya, Tokyo.svg 世田谷区
地域 玉川地域
面積[1]
 - 計 0.948km2 (0.4mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 12,603人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 158-0094[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 世田谷

目次

地理編集

東京都世田谷区の南西部に位置し、周囲を鎌田岡本瀬田上野毛の各町に隣接する。また、多摩川を境に神奈川県川崎市二子瀬田諏訪と接する。玉川高島屋ショッピングセンター二子玉川ライズ東急田園都市線東急大井町線二子玉川駅兵庫島公園があり、二子玉川エリアの中心地にもなっている。

歴史編集

  • 1878年(明治11年)
  • 1889年(明治22年)
    • 近隣各村と合併し、東京府荏原郡玉川村になる。
  • 1932年(昭和7年)
    • 東京市に編入、東京市世田谷区になる。
    • 六郷用水(現在の丸子川)を境に北側が玉川瀬田町、南側が玉川町になる。なお、玉川町には旧玉川村大字諏訪河原向河原(1912年(明治45年)に神奈川県橘樹郡高津村より編入)が含まれた。
  • 1943年(昭和18年)
    • 東京都制施行、東京都世田谷区玉川町になる。
  • 1955年(昭和30年)
    • 玉川町が鎌田町、岡本町各町域と境界変更を行い、大蔵町飛地を編入し、東部(旧高津村大字諏訪河原の一部)を残した上で住居表示を実施(その残った地域は数年後の住居表示実施時に上野毛となる)。玉川一丁目〜四丁目が設置される。

地価編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
玉川一丁目 1,602世帯 3,447人
玉川二丁目 1,054世帯 1,988人
玉川三丁目 1,875世帯 3,492人
玉川四丁目 1,911世帯 3,676人
6,442世帯 12,603人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校
玉川一丁目 全域 世田谷区立二子玉川小学校 世田谷区立瀬田中学校
玉川二丁目 全域
玉川三丁目 全域
玉川四丁目 全域

交通編集

施設編集

公園編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世田谷区の町丁別人口と世帯数”. 世田谷区 (2017年12月4日). 2017年12月27日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月27日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月27日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 世田谷区 (2017年4月1日). 2017年12月27日閲覧。