メインメニューを開く

玉木 英彦(たまき ひでひこ、1909年9月26日[1] - 2013年[2])は、日本の物理学者科学史家。

東京生まれ。東京帝国大学理学部物理学科卒。1934年理化学研究所仁科芳雄研究室に入る。1951年「東京宇宙線の本性と中性微子損失」で名古屋大学理学博士。東京大学理学部助教授、52年教授。70年定年退官名誉教授仁科記念財団常務理事。

目次

著書編集

共編著・監修編集

翻訳編集

論文編集

編集