メインメニューを開く

王は踊る』(おうはおどる、Le Roi danse)は、バロック時代にフランスで活躍した作曲家ジャン=バティスト・リュリの生涯を描いた映画である。上映時間115分。2000年製作。ベルギー・フランス・ドイツ合作。ジェラール・コルビオ監督。

王は踊る
Le Roi danse
監督 ジェラール・コルビオ
脚本 ジェラール・コルビオ
アンドレ・コルビオフランス語版
エーヴ・ド・カストロフランス語版
製作 ドミニク・ジャンヌ
撮影 ジェラール・シモン
編集 リュド・トロックフランス語版
フィリップ・ラヴォエフランス語版
配給 ヘラルド・エース
公開 フランスの旗 2000年12月6日
日本の旗 2001年7月20日
上映時間 115分
製作国 ベルギーの旗 ベルギー
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 フランス語
製作費 $21,000,000
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

スタッフ編集

出演編集

特記事項編集

本作品は、製作から20年前に解読されたルイ14世の「舞踏譜」に着想を得ており、劇中でも当時のバレエを踊る様子が復元した場面がある。また、音楽もバロック古楽が、当時の楽器(例、バロックバイオリンポシェット・バイオリン、木製フルート、ナチュラルホルン、ナチュラルトランペットなど)を使用した演奏形式で録音されたものが使用されている。

外部リンク編集