本来の表記は「王銲」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

王 銲(おう かん、? - 天宝11載(752年))は、玄宗期の官僚。本貫太原郡祁県高宗期の名将の王方翼王秉の曾孫)の孫。中書舎人の王瑨の子。兄は王錫、異母兄は王鉷。唐に対して謀反を図ったが、捕らえられ処刑された。

経歴編集

兄の王鉷とは腹違いであった(王鉷は庶子なので、あるいは正室の子の可能性もある)。凶悪で法を守らず、王鉷の栄達に常に憤懣を持っていたと伝えられる。

天宝9載(750年)、戸部郎中であった王銲は、王鉷とともに、術士の任海川を訪ねた。そこで、王銲は、「自分に天命がある人相があるか」ときいたと伝えられる。任海川は恐れて、逃亡したが、捕らえられて殺されている。

天宝10載(751年)、王銲は、長年親交のあった邢縡とともに謀反を図り[1]、右龍武軍万騎を率いて、龍武将軍を殺し、長安の市街を焼き、楊国忠李林甫陳希烈らを殺害しようと企んだ。決行の2日前に事が漏れ、玄宗は王鉷に詰問をした。王銲は邢縡と同所にいたため、県尉の薛栄先と賈季隣が捕獲に派遣された。王銲が引き渡しを拒否したため、薛栄先と邢縡は、戦闘になった。

王鉷・楊国忠は、邢縡を討つことに決めたが、邢縡は王鉷の兵と戦うことを避けた。楊国忠はこれを聞いて怪しみ、邢縡は高力士の兵によって討たれ、その党の韋瑶らも捕らえられた。玄宗は、王鉷がこの計画を知らず、王銲が王鉷の富貴に嫉妬しておとしいれようとしたためと考え、王銲を不問にし、王鉷に罪を請わせようとさせたが、王鉷はそれを拒否した。

そのため、陳希烈・楊国忠が王鉷の謀反を告発した上で、彼らが王銲の詮議にあたった。王鉷が関連しているかを聞かれると、王銲は答えなかった。侍御史の裴冕が王鉷を守ろうと詰問すると、「兄は荷担していない」と自供した。杖殺させられ、結局、王鉷も自殺を命じられた。

脚注編集

  1. ^ 新唐書』『資治通鑑』より。『旧唐書』では、邢縡が単独で謀反を図ったと記述されている。

伝記資料編集