メインメニューを開く
本来の表記は「王嶠」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

王嶠(おう きょう、生没年不詳)は、中国東晋官僚は開山。本貫太原郡晋陽県

経歴編集

北軍中候の王佑の子として生まれた。若くして并州司州に召されたが、官に就かなかった。永嘉末年、ふたりの弟を連れて戦乱を避けて長江を南に渡った。琅邪王司馬睿建業に駐屯すると、王嶠兄弟を厚く遇した。ほどなく王嶠は参世子東中郎軍事とされたが、就任しなかった。愍帝により著作郎に任じられ、また南陽王司馬保にも招かれたが、交通の困難を理由に行かなかった。琅邪王司馬睿が丞相となると、王嶠は水曹属となり、長山県令に任じられた。太子中舎人に転じたが、病を理由に受けなかった。王敦に請われて参軍となり、九原県公の爵位を受けた。

王敦が石頭にいたとき、蔡洲の荻を私的に伐採することを禁止しようとした。人々は王敦の権勢を恐れて、異議を挟もうとしなかったが、ひとり王嶠が異論を唱えた。また王敦が周顗戴若思を殺害しようとしたとき、王嶠はこれを諫めた。王敦は激怒して、王嶠を斬ろうとしたが、謝鯤の取りなしで赦免された。王嶠はなおも王敦に憎まれて、領軍長史として出された。王敦の乱の平定後、王嶠は中書侍郎に任じられ、大著作を兼ねるよう命じられたが、固辞した。越騎校尉に転じ、短い間に吏部郎・御史中丞・秘書監を歴任し、本州大中正を兼ねた。咸和初年、廬陵郡太守に任じられた。ほどなく在官のまま死去した。は穆といった。

子の王淡が後を嗣ぎ、右衛将軍・侍中・中護軍・尚書・広州刺史を歴任した。

伝記資料編集