本来の表記は「王齮」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

王 齮(おう き、? - 紀元前244年)は、中国戦国時代の将軍。同じ秦の将軍、王齕との同一人物説がある[1]

目次

経歴編集

紀元前257年(昭襄王50年)、邯鄲を包囲した

紀元前247年(荘襄王3年)、の上党を攻めて、太原郡をおいた。

紀元前246年(秦始皇元年)、秦王政が即位すると、蒙驁麃公らと共に将軍に任じられる[2]

紀元前244年(秦始皇三年)、同僚の蒙驁が韓を攻め十三城を取るも、同年に死没[3]

なお、『史記』の「秦本紀」に登場し長平の戦いなどで活躍した将軍王齕は「秦始皇本紀」では一切触れられず、逆に「秦始皇本紀」で初めて現れる王齮は「秦本紀」には登場しない。遅くとも南朝宋代には王齕と同一人物である可能性が論じられており、裴駰の『史記集解』は徐広の説を引いて、「齮」字について「一に齕に作る」と述べている[1]

関連項目編集

  • 王齕 - 紀元前247年(「秦本紀」の末年)まで活躍した秦の将軍。紀元前246年(「秦始皇本紀」の初年)に初めて現れた王齮と同一人物説がある。

登場作品編集

脚注編集

  1. ^ a b 史記集解』秦始皇本紀:始皇元年「蒙驁王齮〈徐廣一作齕〉麃公等為將軍」
  2. ^ 史記』始皇本紀:始皇元年「蒙驁、王齮、麃公等為將軍。」
  3. ^ 史記』始皇本紀:始皇三年「三年,蒙驁攻韓,取十三城。王齮死。」

参考文献編集