メインメニューを開く
本来の表記は「王侁」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

王 侁(おう しん、? - 994年)は、中国北宋の武人。は秘権。本貫開封府浚儀県

経歴編集

後周枢密使王朴の子として生まれた。父の蔭官により太僕寺丞に任じられた。父が死去したため、世宗が王家の邸に行幸して子どもたちを召見すると、王侁は東頭供奉官に任じられた。宋の開宝7年(974年)、南唐への遠征に従軍して、桐城に駐屯した。宋軍が長江を渡ると、王侁は樊若水とともに知池州をつとめた。8年(975年)、4000人あまりの南唐軍を宣州で撃破した。南唐が降伏すると、閤門祗候の位を加えられた。

太平興国2年(977年)、梅山洞蛮の反乱が起こると、その鎮圧にあたった。の使者の帰国にあたり、命を受けて国境まで送った。開封に帰還すると、霊州通遠軍に使いした。1年のあいだに西方と数回往来して、奏上した提案の多くは太宗に認められた。通事舎人となった。

4年(979年)、北漢への遠征に従軍して、陽曲・塌地・石嶺関を守備した。5月、東上閤門副使に任じられて北漢との交渉にあたった。北漢が降伏すると、王侁は嵐州・憲州巡検となった。9年(984年)、開封に帰還し、西上閤門使に転じた。河西の3部族の首領が離反して李継遷につくと、王侁は軍を率いて首領たちを討ち捕らえた。功績により蔚州刺史に任じられた。

雍熙3年(986年)、宋軍が北征すると、王侁は并州駐泊都監に任じられ、さらに雲応等州兵馬都監となった。王侁は決戦論を主張して、持久策を主張する楊業と衝突した。王侁の主張が採用されたが、楊業は奮戦の末に戦死した。王侁は敗戦の責任を問われて官爵を剥奪され、金州に流された。後に赦令を受けて、均州団練副使となった。淳化5年(994年)、召還されたが道中で病にかかり、開封に到着すると死去した。

伝記資料編集

  • 宋史』巻274 列伝第33