メインメニューを開く

君主制(くんしゅせい、:monarchy, monarchism[1])または君主政[2]君主主義君主制主義[1]とは、一人の支配者が統治する国家形態であり[3]、伝統的には君主が唯一の主権者である体制[4]語源ギリシア語の「モナルケス monarches」で、「ただ一人の支配」を意味する[3]。君主が皇帝である君主制は「皇帝制 imperialism」と言う[5][6]。君主制の対義語は共和制(republic)や共和主義(republicanism)である。

用語編集

君主が存在する国家を君主国、君主が存在しない国家を共和国という。君主国は通常、支配者の君主号によって、王国)、大公国大公)、公国)、首長国アミール)、帝国皇帝[注釈 1])などと呼ばれる。かつて君主号には、個々の文化圏ごとの複雑な慣習に基づく序列や優劣が存在したが、現在は国際社会において儀礼上対等とされる。ただし、便宜上の序列を付ける場合は「在位期間の長い方が上」とすることがある(一例として、各国君主の集合写真を撮影する場合には、在位期間の長い順から中央~外側に着座していき、同じように後列の立座となる)。

その地位を一人の人間が終身で持ち続け、その一族により世襲される君主制を世襲君主制という。世襲君主制においては、君主の一族を王家王室)と呼び、王家による世襲権力の連続体を王朝という。バチカン市国のように選挙によって君主が選ばれる君主制を選挙君主制という。また、マレーシアサモアは任期制の君主国[注釈 2]である。

君主が絶対的な権力を持つ政体が絶対君主制である。これに対し、君主が権力を制限されていたり付与されていない政体が制限君主制であり、権力の制限が憲法に基づく(立憲主義)場合は立憲君主制となる。立憲君主制はさらに、君主が名目的な地位にあるイギリス型と、君主に強力な権限を持たせたプロイセン型(外見的立憲君主制)に大別される[7]

ある人物が君主の地位に就任することを即位、君主がその地位から退くことを退位、君主がその地位を他人に譲ることを譲位、退位した人物が再び即位することを重祚(ちょうそ)という。また、即位させること(君主格の付与、enthronement)を「祭り上げる」、退位させること(君主格の剥奪、dethronement)を「廃位する」とも表現する。

政治分析の基礎概念として君主制を取り上げ、他の政体と区別して論じたのは、君主を持たないポリスが多数存在した古代ギリシア思想家である。君主制の国がほとんどを占めていた地域では、君臣の関係のような限定的問題を越えて、君主制を国家一般と別に把握する動機が生まれなかった。近代になって、君主制が共和主義者によって脅かされるようになると、古代ギリシア・古代ローマの伝統を復活させて君主制を論じる政治思想が登場した。

分類編集

君主の種類による分類には以下がある。

現存編集

現存しない編集

現在の君主国編集

 
  絶対君主制の国
  絶対君主制に近い国
  立憲君主制の国
  英連邦王国 (人的同君連合となっている立憲君主制の国)
  伝統的な君主が地方に存在する国


君主[注釈 5] 制度 継承 現憲法
  日本国 [注釈 6] 天皇 立憲君主制 世襲制 1947
  カンボジア王国 立憲君主制 世襲選挙制 1993
  タイ王国 制限君主制 世襲制 2017
  ブータン王国 立憲君主制 世襲制 2007
  ブルネイ・ダルサラーム国 スルターン 絶対君主制 世襲制 1959
  マレーシア スルターン[注釈 7] 立憲君主制 選挙君主制 1957
  オランダ王国 立憲君主制 世襲制 1815
  スウェーデン王国 立憲君主制 世襲制 1974
  スペイン王国 立憲君主制 世襲制 1978
  デンマーク王国 立憲君主制 世襲制 1849
  ノルウェー王国 立憲君主制 世襲制 1814
  ベルギー王国 立憲君主制 世襲制 1831
  モナコ公国 大公 立憲君主制 世襲制 1911
  アンドラ公国 共同大公 立憲君主制 職権上 1993
  モロッコ王国 立憲君主制 世襲制 1957
  リヒテンシュタイン公国 立憲君主制 世襲制 1862
  ルクセンブルク大公国 大公 立憲君主制 世襲制 1868
  アラブ首長国連邦 首長 混合制 世襲選挙制 1971
  オマーン国 スルターン 絶対君主制 世襲制 1996
  カタール国 首長 混合制 世襲制 2004
  クウェート国 首長 絶対君主制 世襲選挙制 1962
  サウジアラビア王国 絶対君主制 世襲選挙制 1992
  バーレーン王国 混合制 世襲制 2002
  ヨルダン・ハミシテ王国 立憲君主制 世襲選挙制 1952
  エスワティニ王国 立憲君主制 世襲選挙制 1968
  レソト王国 立憲君主制 世襲選挙制 1993
  トンガ王国 立憲君主制 世襲制 1970
  バチカン市国 教皇 立憲君主制 選挙君主制 1920
  イギリス 立憲君主制 世襲制 1701
  アンティグア・バーブーダ 英国王 立憲君主制 1981
  オーストラリア 英国王 立憲君主制 1901
  カナダ 英国王 立憲君主制 1867
  グレナダ 英国王 立憲君主制 1974
  ジャマイカ 英国王 立憲君主制 1962
  セントクリストファー・ネイビス 英国王 立憲君主制 1983
  セントビンセント・グレナディーン 英国王 立憲君主制 1979
  セントルシア 英国王 立憲君主制 1979
  ソロモン諸島 英国王 立憲君主制 1978
  ツバル 英国王 立憲君主制 1978
  ニュージーランド 英国王 立憲君主制 1907
  バハマ 英国王 立憲君主制 1973
  パプアニューギニア 英国王 立憲君主制 1975
  バルバドス 英国王 立憲君主制 1966
  ベリーズ 英国王 立憲君主制 1981

現在の君主編集

過去の君主制編集

19世紀以前に君主制から共和制に移行した国編集

20世紀に君主制から共和制に移行した国編集

21世紀に君主制から共和制に移行した国編集

関連項目編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 広大な領土を保持していたり、複数の従属国を束ねていたりする国家を指して、君主号によらず、また共和国であっても「帝国」と呼ぶこともある(詳細は帝国を参照)。
  2. ^ サモアを君主制に分類するかどうかについては定まっていない。
  3. ^ 連合王国独自の解釈がされる非常に独特な国家連合体。
  4. ^ 各国の総督はイギリス政府とは完全に無関係であり、実際には各国の首相の推薦により、その国の市民権を持つ人間が選ばれる。
  5. ^ あくまで日本語における通俗的な呼び分けであって公的な分類ではない。
  6. ^ 議論あり。詳細は象徴天皇制#議論を参照。
  7. ^ Yang di-Pertuan Agong

出典編集

  1. ^ a b Weblio 2019, p. 「monarchism」.
  2. ^ 岡田 2015, p. 19.
  3. ^ a b 平凡社 2019.
  4. ^ ブリタニカ・ジャパン 2019.
  5. ^ 淡路 1980, p. 104.
  6. ^ 今井 1991, pp. 33-34.
  7. ^ 「立憲君主制」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目版』6、ティビーエス・ブリタニカ、1993年、改訂第2版。

参考文献編集

  • 淡路, 憲治「パリ・コミューンとマルクス (II) (The Paris Commune and Marx (II) )」『岡山大学経済学会雑誌』第11巻第4号、岡山大学経済学会、1980年、 97-130頁、 ISSN 03863069
  • 今井, 義夫「ロシア・ツァーリズムのイデオロギー」『社会思想史研究』第15巻、社会思想史学会(北樹出版)、1991年、 30-42頁。
  • 岡田, 健太郎「カナダ国民統合における立憲君主制の役割についての一考察 ―― 連邦議会上院などを事例として(A Study on the Canadian Political Unity and the Substantial Role of the Constitutional Monarchy System in Canada from the Current Canadian Political & Social Context)」『神奈川県立国際言語文化アカデミア紀要』第4巻、神奈川県立国際言語文化アカデミア、2015年、 19-31頁、 doi:10.20686/academiakiyou.4.0_19ISSN 2186-7348
  • ブリタニカ・ジャパン「君主」『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン、2019年。 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『君主』 - コトバンク