王座戦 (台湾)

台湾の囲碁の棋戦

王座戦(おうざせん、王座賽)は、台湾囲碁棋戦。2006年に開始。前身は2002年から2005年まで行われた台湾棋院杯プロ囲棋戦。また1983年に快棋王座戦が行われた。

  • 主催 台湾棋院
  • 優勝賞金 (1期)30万元、(2期-)40万元

方式編集

  • 8人のリーグ戦により、前年の王座位への挑戦者を決定する。挑戦手合は五番勝負。第1期は台湾棋院杯者に挑戦。
  • リーグ戦は上位4名が次期シード。
  • 持時間は、リーグ戦・挑戦手合は各3時間で残り5分から秒読み。一、二次予選は各2時間で残り3分から秒読み。
  • コミは6目半。
  • 予選にはアマチュア棋士も参加する。

名誉号編集

  • 連続5期によって、陳詩淵が名誉王座を得ている[1]

歴代優勝者と挑戦手合編集

(左が優勝者)

  1. 2006年 周俊勲 3-1 林至涵
  2. 2006年 周俊勲 3-1 陳詩淵
  3. 2007年 周俊勲 3-2 陳詩淵
  4. 2008年 陳詩淵(周王座の台湾棋院脱退によりリーグ戦7-0の陳詩淵が王座となる)
  5. 2009年 陳詩淵 3-0 林立祥
  6. 2010年 陳詩淵 3-1 蕭正浩
  7. 2011年 陳詩淵 3-1 林至涵
  8. 2012年 陳詩淵 3-0 王元均
  9. 2013年 蕭正浩 3-1 陳詩淵

快棋王座戦編集

  • 主催 応昌期基金会
  • トーナメント制

優勝者 陳長清、準優勝 戴嘉伸

脚注編集

外部リンク編集