メインメニューを開く

王 弥(おう び、? - 311年)は、中国五胡十六国時代の漢(後の前趙)の軍人は子固。から西晋に仕えた汝南太守王頎の孫。東莱郡の人。劉淵の配下として洛陽攻略などの功績を挙げたが、石勒と対立して殺害された。

生涯編集

東莱を乱す編集

王弥は歴世の二千石(官職の給料の最高額。転じてある程度以上の官職のことを指す)の家系に生まれた。幼い頃から才幹があり、様々な書物を読み漁った。若くして洛陽遊学すると、隠者董仲道は彼を見て「君は豺の声と豹の目を持っているな。乱を好み禍を楽しむ者だ。もし天下が乱れたなら、士大夫ではいないであろうな」と言った。

匈奴の劉淵とは非常に仲が良く、劉淵が唯一人本音で語り合える間柄だったという。王弥が洛陽から故郷の山東に帰る時には、劉淵は九曲の川岸まで見送り別れを惜しんだという。

306年、妖賊の劉柏根東莱郡惤県で挙兵すると、惤公と自称した。王弥は下僕を引き連れて彼に従い、劉柏根から長史に任じられた。劉柏根は淄河に沿って侵攻すると、劉暾を打ち破って都督青州諸軍事司馬略を追い詰めたが、安北将軍王浚が派遣した軍に敗れて戦死した。王弥は敗残兵をかき集めて海岸へ移動したが、苟純に攻められた。そのために、長広山に逃げ込むと山賊となった。

漢に帰順編集

王弥は謀略に長けており、略奪を行う際には、必ず事前に成功と失敗の両方を想定し、それぞれ策を巡らせた。彼の腕力は人並み外れており、騎射を得意とした。青州の人は彼のことを飛豹と称した。

307年2月、征東大将軍を自称すると、兵を率いて青州・徐州一帯を大いに荒らしまわり、太守を二人殺害した。太傅司馬越鞠羨を東莱郡太守に任じて王弥討伐に当たらせたが、王弥はこれを破って鞠羨を討ち取った。その後、王弥は兗州刺史苟晞と争ったが、大敗を喫して彼の兵は離散した。

当時、旧友の劉淵がより自立して漢(前趙)を建国していた。王弥は、の地を略奪して回っていた劉霊と合流すると、漢に使者を派遣して恭順の意を示した。劉淵は王弥の使者と分かると大いに喜び、王弥を鎮東大将軍・青徐二州牧・都督縁海諸軍事・東莱公とする旨を伝えた[1]

308年3月、王弥は離散した兵を結集させると再び勢いを盛り返し、苟晞と再び戦ってこれを幾度も破った。さらに、兵を分けて泰山汝南潁川襄城の諸郡を攻めた。向かう所全て勝利を重ね、太守・県令を多く殺害した。王弥の兵力は数万を数えるようになり、朝廷も彼を止めることができなかった。

4月、兵を進めて許昌に侵攻し、これを占領した。そして、武器庫を開いて装備を揃えた。

5月、洛陽攻略を目論み、轘轅から進攻すると、晋軍を伊北で撃ち破った。城内の人は大いに震え上がり、宮城の門は昼でさえ全て閉ざされたままとなった。司徒の王衍らは百官を率いて防戦に当たった。北宮純は勇士百人余りを率いて、洛陽城南の津陽門に駐屯していた王弥軍に突撃し、これを撃退した。王弥は建春門を焼いて東に退いたが、七里澗で王乗の進撃を受けて、さらに敗れた。王弥は劉霊へ「晋兵はまだ強い。このままでは我らの居場所はなくなってしまう。漢王(劉淵)が昔洛陽で人質だった頃、私は彼と深く交流していた。その縁を頼りに、私は彼の下に向かおうと思うのだが君はどう思う」と相談すると、劉霊は賛成した。王弥は黄河を渡って北上し、劉淵のいる平陽に入った。王弥の到来を聞くと、劉淵は大いに喜び、侍中御史大夫の者を遣わして道中に出迎えさせ、書を送り、「将軍は並ぶものがいない功とずば抜けた徳を持っている。だから私はこのように手厚く歓迎するのだ。使者を交わした時から、将軍がやって来るのを今か今かと待ちわびていたぞ。私は今、将軍のために用意した館へ出向いて席を用意し、杯を洗って将軍の到着するのを待っている」と伝えた。

王弥は劉淵と接見すると、彼に帝位に即くよう勧めた。劉淵は「私は以前、将軍を竇周公(竇融)のような人物だと言ったことがあるが、それ以上であった。まさにわが孔明(諸葛亮)・仲華(鄧禹)である。烈祖(劉備)はかつて、我が将軍(諸葛亮)を得たのは魚が水を得るが如しである、と言ったがまさにそれに等しい」と喜んだ。そして、王弥を司隷校尉とし侍中特進を加えたが、王弥は固辞して受けなかった。これ以後、王弥は正式に漢の傘下に入り、その軍事行動に参画するようになった。

洛陽を陥とす編集

9月、石勒と共に臨漳にある城を攻めた。恐れた征北将軍和郁は城を捨てて逃走した。懐帝北中郎将裴憲白馬に派遣し、王弥に備えさせた。

11月、劉曜・石勒らと共に魏郡・汲郡頓丘を攻めて五十余りの砦を陥れ、民を徴発して皆兵士として組み込んだ。

309年4月、王弥は侍中・都督青徐兗豫荊揚六州諸軍事・征東大将軍・青州牧に任じられ、劉聡・石勒と共に壷関を攻めた。并州刺史劉琨は救援軍を派遣したが、これを撃退した。東海王司馬越が淮南内史王曠・安豊郡太守衛乾らを派遣すると、王弥らは高都・長平の間で彼らと戦い、これを大破した。上党郡太守龐淳は壷関ごと降伏した。劉淵は王弥を征東大将軍に進め、東莱公に封じた。

8月、劉聡と共に一万騎を率いて洛陽を攻めた。司馬越が派遣した平北将軍曹武らを破り、続けざまに平昌公司馬模が派遣した淳于定らも撃退したが、劉聡が弘農郡太守垣延の夜襲を受けたため、大敗して帰還した。

10月、王弥は劉聡と共に劉曜・劉景らを初め精鋭5万を率いて、再び洛陽を攻めた。王弥らは河南で晋軍を打ち破ると、西明門に進んで駐屯した。だが、劉聡が賈胤や北宮純らに敗れると、王弥は軍を南へ戻し広陽門に駐屯した。敗報を聞いた劉淵は帰還を命じたが、劉聡はこれを拒否した。司馬越の参軍孫詢らが宣陽門から出撃すると、劉聡は再び大敗した。王弥は劉聡に「我々は利を失い、洛陽の守備も強固です。殿下はひとまず軍を戻して、また策を練り直しましょう。私は兗州や豫州の兵士と食糧を集めて、来るべき日に備えておきます」と進言した。劉聡は「以前、命令を拒んでまで洛陽攻撃を継続したのだ。今さら何の面目があって帰ることができようか」と、言った。王弥は笑って「糧食の問題さえ解決できれば問題ありません。どうして陛下が貴殿に手を下すことなどありましょうか」と、返した。劉淵は、黄門郎の傅詢を劉聡の下へ派遣し、軍を帰還させた。王弥も轘轅から撤退したが、司馬越は薄盛・李惲らに王弥を追撃させた。王弥は新汲でこれと戦ったが、敗れた。

11月、王弥は二千騎を率いて襄城の諸県を攻めた。当時、河東平陽・弘農・上党に住んでいた数万家の民が、潁川・襄城・汝南・南陽河南に避難してきていた。彼らは、元々いた住民から冷遇されていたことから、城村を焼き払い、二千石の長吏を殺害して王弥に応じた。

12月、王弥は左長史の曹嶷を行安東将軍に推挙し、青州を攻略するよう上奏し、劉淵は許可した[2]

310年1月、王弥は二万を率いて石勒と合流すると、陳郡・潁川郡を攻めて陽翟に駐屯した。王弥は弟の王璋を派遣して石勒とともに徐州・兗州を攻めて司馬越の軍を破った。

10月、王弥は劉粲・劉曜らと共に四万の兵を率いて再び洛陽を攻めた。途上で石勒と合流し、監軍の裴邈澠池で破ると、洛川に入った。その後、轘轅を出て梁・陳・汝南・潁川の四郡を攻めた。

311年6月、王弥は劉曜とともに襄城を攻略すると、洛陽攻略中の呼延晏と合流した。この時、洛陽は酷い食糧不足に陥り、人が互いに食い合い、民衆は離散して百官は河陰に逃亡するという有様だった。王弥は洛陽城南の宣陽門に至ると、呼延晏と共にこれを攻め落とした。そして、太極前殿に至ると兵を放って大掠奪を行った。懐帝を端門に幽閉すると、羊皇后を辱め、皇太子の司馬詮を殺害した。陵墓を暴き、百官および男女で殺害される者は三万人を超えた。懐帝は平陽に連行され、この時をもって実質的に西晋は滅びた(永嘉の乱)。

劉曜は王弥へ略奪を禁じるよう求めたが、王弥は従わなかった。襄城から洛陽へ向かう折、王弥は劉曜を待たずに先に洛陽に入ったために、劉曜はそのことを怨んでいた。劉曜は王弥配下の牙門王延を見せしめとして斬ると、王弥は怒り劉曜の陣に攻撃を掛けた。劉曜もまた迎撃し、双方の死者は千人を超えた。王弥配下の長史張嵩は「将軍は国家の為に大いなる事業を行っているのに、このような所でつまらぬ小競り合いをしている。何の面目あって陛下に顔向けできるのですか。洛陽平定の功は確かに将軍にありますが、劉曜は皇族ですから、ここは下手に出るべきです。孫呉を平定した際の二王(王渾王濬)の諍いは、決して遠い話ではありません。よくお考え下さい。将軍がもし兵を動かして彼らと袂を分かったならば、子弟や宗族はどうなると思いますか」と固く諫めた。王弥は「その通りだ。私が間違っていたな」と言い、劉曜のもとに赴いて謝罪した。両者は和解し、うわべだけはお互いに友好的な態度をとった。王弥は「下官(王弥)に過ちがありましたが、こうして謝罪に来たのは張長史(張嵩)がそれに気づかせてくれたからです」と述べると、劉曜は張嵩を褒め称えた。王弥と劉曜は共に、張嵩に金百斤を下賜した。

王弥は劉曜へ「洛陽は天下の中心で山河の険があります。また、城郭・宮室を新たに築造する必要もありませんから、平陽からここに移るべきです」と進言した。だが、劉曜は従わず、宮殿に火を放ち、城府はことごとく焼け落ちた。王弥は大いに怒り「所詮、屠各(匈奴の種族名)の子か。このような輩に帝王の意志がわかるものか。一体天下をどうするつもりなのだ」と言った。これによって王弥と劉曜の仲は修復不可能となった。王弥は劉曜と決別して、軍を率いて東の項関に駐屯した。

石勒との対立編集

元司隷校尉の劉暾は、青州に戻り、これを拠点として自立するよう説くと、王弥は深く同意した。青州にいる曹嶷を鎮東将軍とし、将士を招集させ、また王弥の家族を迎えさせた。この時期、王弥配下の徐邈・高梁が兵士数千人を率いて曹嶷に従って王弥の下を去り、王弥の勢力は衰えた。

数か月後、劉聡は王弥を大将軍・斉公とした。

王弥と石勒は、表面上は親しく振舞っていたが、内心互いに疎ましく思っていた。石勒は王弥の驍勇を憎んでおり、常に密かにこれに備えていた。王弥は石勒を懐柔するために、洛陽から略奪した美女や宝貨を多く贈った。王弥は青州に向かう前に、劉暾を曹嶷の下へ派遣し、彼を斉から呼び寄せ、石勒を挟撃しようとした。一方で、石勒に対しては共に青州へ向かおうと申し出た。だが、劉暾は東阿に至った所で、石勒の游騎部隊に捕えられ、その懐から王弥が曹嶷に送った書状が発見された。石勒は劉暾を殺すと、自分を仇なそうとした王弥を殺そうと心に決めた。王弥は、劉暾が殺された事を最期まで知ることはなかった。

石勒はこの時期、長年漢軍を大いに苦しめていた苟晞を破り、彼を捕えた。これを知った王弥はそれを妬んだが、それを表に出さずに、謙った表現を用いて書を送り「将軍は苟晞を捕えながらこれを許すとは、何と素晴らしい事でしょう。苟晞を将軍の左に据え、この王弥を将軍の右に据えれば、天下も治まったと言うものです」と述べ、石勒の出方を窺った。石勒は参謀の張賓と共に王弥誅殺の計画を進めたが、王弥もまた石勒を警戒していたために、実行に移せなかった。

この時期、王弥は劉瑞と争っており、劣勢に立たされていた。王弥は石勒に救援を求めると、石勒は劉瑞軍を急襲して乱戦の最中に彼を斬った。これに王弥は大いに喜び、石勒に擦り寄るようになった。彼はこれ以後、石勒に疑念を抱く事は二度となかった。

10月、王弥は石勒から己吾での酒宴の誘いを受けた。王弥はこれに赴こうとしたが、長史の張嵩は、専諸春秋時代の人物。呉王僚を酒宴の席で暗殺した)、孫峻三国時代の人物。諸葛恪を酒宴の席で暗殺した)を引き合いに出して行くのを思い止まるよう諫めた。しかし王弥は、この諫言に耳を貸さなかった。彼は宴席に赴き、心行くまでそれを楽しんだ。酒宴がたけなわとなると、石勒は刀片手に王弥に近づいた。そしてそのまま斬り掛かり、王弥は殺された。石勒は王弥の兵を吸収すると、王弥に反逆の意思があったと劉聡に報告した。

参考文献編集

  • 晋書』巻100・列伝第70、巻101・載記第1、巻102・載記第2、巻104・載記第4
  • 資治通鑑』巻86、巻87
  • 十六国春秋』前趙録 巻1、巻2、巻9

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『晋書』王弥伝では、308年5月の洛陽攻略失敗後に、初めて劉淵に帰順することとなっており、『資治通鑑』・『十六国春秋』とは齟齬がある。
  2. ^ 『晋書』王弥伝では、311年6月の洛陽を陥落させた後に、曹嶷を青州に派遣することとなっており、『資治通鑑』・『十六国春秋』とは齟齬がある。