メインメニューを開く

王征南墓志銘(王征南墓志铭)は黄宗羲が書き残した墓誌銘

概説編集

王征南内家拳の他に弓術もこなした軍の武官で、明末の1617年に生まれ、初の1669年に亡くなった人物。やがて、王征南は明朝が滅亡すると清朝に仕えることを嫌い、隠居して失意のうちに亡くなったといわれている。この生涯に同じ志を持った黄宗羲が共感し、墓誌銘を書き記した。

黄宗羲は明末・清初の大学者として知られ、「考証学」の祖で、近代になって〝中国のルソー〟と呼ばれるようになった人である。墓誌銘には内家拳の創始者とされている張三豊について記されている。

解説編集

最初に少林は拳法を持って天下に有名になったが、搏人つまり主動的に人を攻撃することを重んじている。内家拳は静を重んじ、静をもって動を制するものであるとして、少林寺で修行した張三豊をたたえ、少林寺は外家に至ったとしながら、その術は精であり、張三豊は既に少林において文武を極めており、後にこれを改編編成して内家と命名した。その内家を得た高手は十分少林に勝ると記している。

次に、太極拳の祖といわれる張三豊が王征南の師であるとして、内家拳の伝授系譜を記している。張三豊は、湖北武当山に至ると、そこは天の柱のような峰が奥深く静まり返り、しかも清冽であり、中でも3つの峰がずば抜けていて、青々として素晴らしいものであったなどと記している。

その後は王征南の志や武伝を記している。王征南はその拳法をもって 守衛衛兵、武術の教師に勝った。王征南の拳法においてつぼを撃つ点穴術を重要としており、それを使用して悪少年に罰を与えたなどと記している。

原文編集

(作者黄宗羲)
 少林以拳勇名天下。然主於搏人。人亦得以乘之。有所谓内家者。以静制动。犯者应手即仆。故别少林为外家。盖起於宋之张三峰。三峰为武当丹士。徽宗召之。道梗不得进。夜梦玄帝授之拳法。厥明以单丁杀贼百余。
 三峰之术。百年之後。流传於陕西。而王宗为最著。温州陈州同。从王宗受之。以此教其乡人。由是流传於温州。嘉靖间张松溪为最著。松溪之徒三四人,而四明叶继美近泉为之魁。由是流传於四明。四明得近泉之传者。为吴昆山、周云泉、单思南、陈贞石、孙继槎。皆各有授受。昆山传李天目、徐岱岳。天目传余波仲、吴七郎、陈茂弘。云泉传卢绍岐。贞石传董扶舆、夏枝溪。继槎传柴玄明、姚石门、僧耳、僧尾。而思南之传。则为王征南。
 思南从征关白。归老於家。以其术教授。然精微所在。则亦深自秘惜。掩关而理。学子皆不得见。征南从楼上穴板窥之。得梗概。思南子不肖。思南自伤身後莫之经纪。征南闻之。以银 数器。奉为美檟之资。思南感其意。始尽以不传者传之。
 征南为人机警。得传之後。绝不露圭角。非遇甚困则不发。尝夜出侦事。为守兵所获。反接廊柱。数十人轰饮守之。征南拾碎磁偷割其缚。探怀中银望空而掷。数十人方争攫。征南遂逸出。数十人追之。皆 地匍匐不能起。行数里。迷道田间。守望者又以为贼也。聚众围之。征南所向。众无不受伤者。
 岁暮独行。遇营兵七八人。挽之负重。征南苦辞求免。不听。征南至桥上。弃其负。营兵援刀拟之。征南手格。而营兵自掷仆地。铿然刀堕。如是者数人。最後取其刀投之井中。营兵索绠出刀。而征南之去远矣。 
 凡搏人皆以其穴。死穴。晕穴。哑穴。一切如铜人图法。有恶少辱之者。为征南所击。其人数日不溺。踵门谢过。使得如故。牧童窃学其法。以击伴侣。立死。征南视之曰。此晕穴也。不久当苏。已而果然。
 征南任侠。尝为人报雠。然激於不平而後为之。有与征南久故者。致金以雠其弟。征南毅然绝之。曰。此以禽兽待我也。
 征南名来咸。姓王氏。征南其字也。自奉化来鄞。祖宗周。父宰元。母陈氏。世居城东之车桥。至征南而徙同嶴。少时隶卢海道若腾。海道较艺给粮。征南尝兼数人。直指行部。征南七矢破的。补临山把总。钱忠介公建□以中军统营事。屡立战功。授都督佥事副总兵官。事败。犹与华兵部勾致岛人。药书往复。兵部受祸。雠首未悬。征南终身菜食。以明此志。识者哀之。
 征南罢事家居。慕其才艺者。以为贫必易致。营将皆通殷懃。而征南漠然不顾。锄地担粪。若不知己之所长。有易於求食者在也。一日。过其故人。故人与营将同居。方延松江教师讲习武艺。教师倨坐。弹三弦。视征南麻巾縕袍若无有。故人为言征南善拳法。教师斜盼之。曰。若亦能此乎。征南谢不敏。教师轩衣张眉曰。亦可小试之乎。征南固谢不敏。教师以其畏己也。强之愈力。征南不得已而应。教师被跌。请复之。再跌而流血破面。教师乃下拜。贽以二缣。
 征南未尝读书。然与士大夫谈论。则蕴藉可喜。了不见其为麤人也。余弟晦木尝揭之见钱牧翁。牧翁亦甚奇之。当其贫困无聊不以为苦。而以得见牧翁。得交余兄弟。沾沾自喜。其好事如此。
 尝与之入天童。僧山焰有膂力。四五人不能掣其手。稍近征南。则蹶然负痛。征南曰。今人以内家无可眩 。於是以外家搀入之。此学行当衰矣。因许叙其源流。
 忽忽九载。征南以哭子死。高辰四状其行。求予志之。余遂叙之於此。岂诺时意之所及乎。生於某年丁巳三月五日。卒於某年己酉二月九日。年五十三。娶孙氏。子二人。梦得前一月殇。次祖德以某月某日葬於同嶴之阳。
 铭曰。有技如斯。而不一施。终不鬻技。其志可悲。水浅山老。孤坟孰保。视此铭章。庶几有考。