メインメニューを開く

王 慶雲(おう けいうん、Wang Qingyun1798年 - 1862年)、字は雁汀の官僚。

福建省閩県出身。1829年進士となり、庶吉士に選ばれ、編修となった。侍読学士、通政副使、詹事、戸部侍郎、陝西巡撫などを歴任した。1854年太平天国軍が河南省に進出すると潼関の防衛に当たった。王慶雲は財政に明るく、以前よりさまざまな財政安定策を上奏していたが、山西巡撫に転任となると塩政改革で成果を上げた。また河南省で捻軍の活動が活発になると山西省から援軍を派遣した。1857年四川総督に昇進し、貴州省号軍雲南省から四川省に侵入した李永和藍朝鼎の蜂起軍と戦った。1859年両広総督に転任となったが病のために赴かなかった。1861年同治帝が即位すると左都御史、さらに工部尚書に任命された。死後、文勤の諡号を贈られた。

出典編集

先代:
張祥河
陝西巡撫
1853-1854
次代:
呉振棫
先代:
恒春(ヘンチュン)
山西巡撫
1854-1857
次代:
恒福(ヘンフ)
先代:
呉振棫
四川総督
1857-1859
次代:
黄宗漢
先代:
黄宗漢
両広総督
1859
次代:
労崇光
先代:
万青藜
都察院漢左都御史
1861
次代:
羅惇衍
先代:
張祥河
工部漢尚書
1861-1862
次代:
李菡