王朝の暁 〜趙光祖伝〜

1996年の韓国のテレビドラマ

王朝の暁 〜趙光祖伝〜』(原題、趙光祖 ハングル조광조)は1996年韓国KBS(韓国放送公社)で放送されたテレビドラマ。

王朝の暁 〜趙光祖伝〜
各種表記
ハングル 조광조
漢字 趙光祖
発音 チョグァンジョ
日本語読み: おうちようのあかつき チョグァンジョでん
ローマ字 Jogwangjo
テンプレートを表示

概要編集

このドラマは朝鮮時代前期中宗期に実在した政治家、趙光祖(チョ・グァンジョ)の生涯を描いた作品。混乱した宮廷を改革し、反対勢力によって命を落とした人物を俳優ユ・ドングンが演じた。

登場人物編集

主要人物編集

チョ・グァンジョユ・ドングン
主人公。
中宗:イ・ジヌ
朝鮮第11代国王。「中宗反正」(チュンジョンパンジョン)で異母兄の燕山君が廃位され即位したが、大臣達によって最愛の妻と離別し、不遇の毎日を送る。
端敬王后慎氏:キム・ヘリ
中宗の最初の正妻で王妃。夫を愛し、支えてきたが、夫の即位7日後に朝廷によって廃妃(はいひ、王妃が廃位されること)にされ、実家に帰された。
李氏:ホン・リナ
チョ・グァンジョの妻。

王室編集

貞顕王后/慈順大妃(ジャスンデビ):キム・ジャオク
中宗の母で第9代国王成宗の3番目の正妻。
章敬王后パク・チュミ
中宗の2番目の正妻。端敬王后廃位後、側室から王妃に昇格した。
文定王后:キム・ミンジョン
中宗の3番目の正妻。章敬王后の死後、王妃になる。

朝廷編集

パク・ウォンジョン:キム・ビョンギ
「中宗反正」の功臣の一人。

スタッフ編集

  • 脚本:チョン・ハヨン
  • 演出:オム・ギベク