王 根(おう こん、生没年不詳)は、前漢武帝紀元前108年朝鮮半島に設置した植民地である楽浪郡漢人豪族。高い身分をもつ上位階層の豪族とみられる[1]

王 根
各種表記
漢字 王 根
日本語読み: おう こん
テンプレートを表示

概要編集

王根は、1942年6月から1942年8月までの2ヶ月間、日本人学者が発掘した北朝鮮平壌特別市楽浪区域石巌里219号墳(王根墓)の被葬者である[2]。出土遺物は国立中央博物館が所蔵している[2]

石巌里219号墳には、漢鏡装身具漢式武器類漢式車馬具漆器などの多数の漢式副葬品が納められており、男性が埋葬されていた西棺から「王根信印」銘亀紐銀印、木榔内から「王氏」銘漆盤が出土し、被葬者が判明した[1]平壌地域に造営された墳墓の被葬者の多くは、中央政府からの派遣漢人ではなく、この地を本貫とする在地漢人豪族層と推定されており、石巌里219号墳の被葬者である王根も平壌地域に土着化した豪族とみられる。紀元前1世紀中葉から紀元前1世紀後葉の楽浪郡は土着化した豪族である王氏の勢力が台頭していたことがわかる[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 高久健二 『楽浪郡と三韓の交易システムの形成』専修大学社会知性開発研究センター〈専修大学社会知性開発研究センター東アジア世界史研究センター年報〉、2012年3月8日、11頁。 
  2. ^ a b “왕근묘(王根墓)”. 韓国民族文化大百科事典. オリジナルの2022年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220904051220/http://encykorea.aks.ac.kr/Contents/Item/E0039049