メインメニューを開く

王裕之(おう ゆうし、361年 - 448年)は、東晋から南朝宋にかけての官僚は敬弘。本貫琅邪郡臨沂県

経歴編集

晋陵郡太守の王茂之の子として生まれた。琅邪国左常侍を初任とし、衛軍参軍に転じた。後に天門郡太守となった。桓玄の姉を妻としたが、江陵に置いたまま迎えようとせず、任地で悠々自適に暮らした。桓偉の下で安西長史・南平郡太守となった。まもなく官を辞して、作唐県の境に居住した。桓玄が政権を握ると、裕之はたびたび招聘があったが、応じようとしなかった。

劉裕の下で車騎従事中郎となり、次いで徐州治中従事史をつとめた。さらに劉道規の下で征西諮議参軍となった。後に中書侍郎として朝廷に召されると、作唐県から家族を連れて建康に入った。長らく経って黄門侍郎に任じられたが、受けなかった。太尉従事中郎となり、呉興郡太守として出向した。まもなく侍中として召還された。415年義熙11年)、劉裕が荊州司馬休之を討つと、裕之は安帝の命を受けて慰労の使者に立った。通事令史の潘尚が道中で病にかかったため、裕之がかれを船で送り返したところ、御史の奏上により免官された。まもなく赦令が出て官に復帰した。宋国が建てられると、度支尚書となり、太常に転じた。

420年永初元年)、劉裕が帝位につくと、裕之は宣訓衛尉に任じられ、散騎常侍の位を加えられた。422年(永初3年)、吏部尚書に転じた。廬陵王劉義真の師に任じられたが、王の師範たる徳がないとして、固辞した。さらに秘書監に任じられたが、やはり受けなかった。424年(景平2年)、文帝が即位すると、裕之は散騎常侍・金紫光禄大夫の位を受け、江夏王劉義恭の師師を兼ねた。

426年元嘉3年)2月、尚書左僕射となった。行政文書を読まず、文帝の諮問に答えることもできず、実務上の無能をさらけ出して文帝の不興を買った。429年(元嘉6年)4月、尚書令に任じられたが、固辞した。5月、侍中・特進・左光禄大夫に任じられたが、侍中・特進については固辞し、東方の自邸に帰って隠棲生活に入った。

435年(元嘉12年)、太子少傅として召されたが、上京して謝絶し、受けなかった。439年(元嘉16年)1月、左光禄大夫・開府儀同三司の位を受けた。448年(元嘉25年)7月、余杭県の舎亭山で死去した。享年は88。は文貞公といった。

子女編集

  • 王恢之(秘書郎、新安郡太守、中大夫)
  • 王瓚之(吏部尚書、金紫光禄大夫)
  • 王昇之(都官尚書)

伝記資料編集