王逸(おう いつ、生没年不詳)は、後漢官僚文人。『楚辞』の注釈である『楚辞章句』の著者として知られる。は叔師。本貫南郡宜城県

経歴編集

後漢の安帝の元初年間、上計吏に挙げられたのち、校書郎となった。この時、『楚辞』の整理とその注釈である『楚辞章句』の執筆を行い[1]、世に広まった。同時に、『東観漢記』の編纂にも従事した[2]

順帝の時に侍中となり、その後豫章太守となった[2]。彼によって著された・書・論および雑文は、合わせて21篇あり、他に漢詩123篇を作った。また『正部論』[3]や『斉典』[4]を編纂した。また、のちに彼の文集が作られた[5]

子の王延寿[6]は字を文考といい、若くして魯国に遊んで「霊光殿賦」を作ったが、後に二十数歳で溺水死した。

参考文献編集

伝記資料編集

研究編集

  • 小南一郎 「王逸「楚辞章句」をめぐって--漢代章句の学の一側面」 『東方学報』 63巻 京都大學人文科學研究所、1991年。 NAID 110000282402 

脚注編集

  1. ^ 隋書』経籍志四に「楚辞十二巻并目録。後漢校書郎王逸注」とあり、「後漢の校書郎の王逸が屈原以下劉向にいたるまでを集めた。王逸はまた自ら一篇をつくり、叙とあわせてこれを注した」とする。
  2. ^ a b 小南 1991, p. 84.
  3. ^ 『隋書』経籍志三に「梁に王逸正部論八巻があった。後漢の侍中の王逸の撰」とある。
  4. ^ 『隋書』経籍志二に「斉典五巻王逸撰」とあり、『旧唐書』経籍志上に「斉典四巻王逸志」とあり、『新唐書』芸文志二に「斉典四巻」とある。
  5. ^ 『隋書』経籍志四、『旧唐書』経籍志下および『新唐書』芸文志四に「王逸集二巻」とある。
  6. ^ 『隋書』経籍志四に「王延寿集三巻」とある。