王 雱(おう ほう、1044年 - 1076年)は、北宋の政治家・文学家・詩人。は元澤(げんたく)。撫州臨川県の人。神宗時代の宰相王安石の長男である。

生涯編集

才能があり子供時代天才として称賛された。5歳のとき、父の王安石の友人は麞(キバノロ)と鹿を送る。「鹿とは?」、これらの2種類の動物を見たことがないが、賢明に答えた「麞辺者是鹿、鹿辺者是麞」。

1067年治平4年)には学者となる。1071年熙寧4年)に呂恵卿と共に『三経新義』を編集。その後彼は父の助手に。父の新法の実施に積極的に協力し、1076年(熙寧9年)に33歳の時に病死した。

野史記載編集

野史記載で多くを記録した。