王 霊賓(おう れいひん、天監4年(505年) - 太清3年3月4日549年4月16日))は、南朝梁簡文帝蕭綱の妃。皇后に追尊された。本貫琅邪郡臨沂県

経歴編集

王騫の娘として生まれた。叔父の王暕は「わが家の女師なり」と評した。天監11年(512年)、晋安王蕭綱の妃となった。中大通3年(531年)10月、皇太子妃に立てられた。太清3年(549年)3月、永福省で死去した。享年は45。この年、簡文帝が即位すると、皇后に追尊された。は簡といった。大宝元年(550年)9月、荘陵に葬られた。

子女編集

伝記資料編集

  • 梁書』巻7 列伝第1 皇后
  • 南史』巻12 列伝第2 后妃下