王 鳳(おう ほう、? - 紀元前22年)は、前漢後期の政治家。孝卿魏郡元城県委粟里の出身。

略歴編集

同母妹に当たる王政君が当時皇太子だった元帝の側室となり後の成帝を産み、元帝の皇后に立てられたことから、彼らの一族は高い地位と権力を得ることとなった。

王鳳は彼や王政君の父の王禁の後を継いで陽平侯となり、また衛尉侍中に任じられた。

元帝が崩御し成帝が皇帝となると、王政君は皇太后となり、王鳳は大司馬大将軍領尚書事となった(この地位は霍光のものと同じであり、まだ若い皇帝の摂政のようなものと考えられる)。また、河平2年(紀元前27年)には王鳳・王政君の異母弟である王譚王商王立王根王逢時の5人が列侯に封じられ、それらは「五侯」と呼ばれた。(王鳳らの兄弟でこの時までに列侯とならなかったのは既に死んでいた王曼だけであった。彼の子が王莽である。そのほかの弟に安成侯となった王崇もいた)彼ら王氏一族は皆朝廷に位を得た。

王鳳は政治の実権を握り、成帝も彼に対して謙譲し、彼に相談せず何かを決めることはなく、成帝は快く思っていなかったようである。丞相王商(宣帝の母の実家の一族であり、王鳳の弟の王商とは別人)は外戚でもあり王鳳と対立していたが失脚させ、また王鳳を排除しようとした京兆尹王章も逆に獄死させるなど、政敵を排除して地位を守った。

大臣達も王氏を憚り、太守刺史を王氏の関係者から多数輩出するなど、権勢を誇った。王鳳の庶弟「五侯」は奢侈で有名となり、その贅沢振りは民間に謡われるほどであった。

王鳳は陽朔3年(紀元前22年)8月、後継者として、奢侈で評判が悪かった上、王鳳とも仲が悪かった弟の王譚ではなく、彼の従弟に当たる御史大夫王音を選び、王譚ら「五侯」は用いないよう成帝に遺言して病死する。

葬儀には皇帝自らが臨むなど異例の扱いをされ、敬成侯と諡された。陽平侯は子の王襄が継いだ。王襄は鴻嘉元年(紀元前20年)に衛尉永始2年(紀元前15年)に太僕となった。陽平侯はその子の王岑、その子の王莫まで続いたが王莫の代に兵士に殺されて断絶した。

【魏郡王氏系図】(編集
  • 下線は大司馬に就任した人物。
  • 網掛けは王莽によって処刑または賜死された人物。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王賀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平侯王禁
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長楽衛尉王弘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陽平侯王鳳
 
王曼
 
広恩君王君俠
 
皇后王政君
 
漢11元帝
 
平阿侯王譚
 
成都侯王商
 
紅陽侯王立
 
曲陽侯王根
 
高平侯王逢時
 
安陽侯王音
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王永
 
王莽
 
定陵侯淳于長
 
漢12成帝
 
平阿侯王仁
 
東郡太守王閎
 
成都侯王況
 
隆新公王邑
 
 
王渉
 
高平侯王買之
 
安新公王舜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王光
 
王宇
 
王獲
 
新遷王王安
 
義陽王王臨
 
皇后王氏
 
漢14平帝
 
王睦
 
王融
 
中山太守王丹
 
褒新侯王匡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
王嘉
 
功隆公王千
 
功明公王寿
 
功成公王吉
 
功崇公王宗
 
功昭公王世
 
功著公王利
 
王氏
 
定安公孺子嬰
 
武桓侯王泓