王 黼(おう ほ、1079年 - 1126年)は、北宋末期の宰相将明開封府の人。徽宗勅撰の青銅器図録『宣和博古図中国語版』の編纂者の一人[1]

生涯編集

崇寧年間に進士に及第した。立派な美少年の上に口達者であり、元符3年(1100年)に蔡京の宰相復帰を助けて、蔡京の抜擢で校書郎から御史中丞に上った。蔡京が引退すると、その後を継いで宰相となった。徽宗に迎合して多くの珍宝や奇品を献上し、信任を受けた。一方、私財の調達に狂奔、公金の横領の上に、婦女の奪取など横暴を極めた。

宣和7年12月23日(西暦で1126年1月25日)、軍の侵攻に慌てた徽宗は、長男の欽宗に譲位した。王黼は、以前に鄆王趙楷(徽宗の次男)を太子に擁立しようと画策したことが露見して、欽宗により免職された。金軍の来襲に、王黼は財産を持って先に逃亡したが、雍丘で捕らえられた。直後に、蔡京・童貫梁師成中国語版朱勔中国語版李邦彦中国語版と共に「六賊中国語版」とされ、それぞれ遠方へ流罪に処せられた。まもなく欽宗の命により、開封府尹の聶山の手で斬首された。

脚注編集

参考文献編集