玩具修理者』(がんぐしゅうりしゃ)は、小林泰三短編小説。およびその映画化・舞台化作品。著者のデビュー作であり、第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した。短編集『玩具修理者』の表題作で、『酔歩する男』とともに収録。

玩具修理者
著者 小林泰三
発行日 1996年4月
発行元 角川書店
ジャンル ホラー小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ハードカバー
ページ数 224
コード ISBN 4048729527
ISBN 978-4043470013(文庫)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

あらすじ編集

喫茶店で会話する2人の男女。女は奇妙な思い出を語りだす。

彼女がまだ幼い頃、近所に住んでいたという玩具修理者は、大人たちは誰も知らず、子供たちだけが知っている秘密の存在。玩具修理者は頼めばどんなおもちゃでも直してくれる。人形や車のおもちゃ、はては複雑なゲームソフトまでも……。親が恐い子供たちは、壊したおもちゃをこっそり玩具修理者のところに持っていくのだった。

ある日、彼女は弟の道雄をおんぶして、両親のお使いにいく時に、猫の死体を持った少女に出会う。引っ掻くからと猫を踏み殺してしまったが両親にバレると怒られるから玩具修理者のところに持っていくのだという。少女を見送った後、女は歩道橋から転倒し誤って弟の道雄を死なせてしまう。「怒られる!」と直感した幼い彼女の脳裏に玩具修理者のことがよぎる……。

玩具修理者は、他の少年が持ってきたモデルガンと弟の道雄が解体されるのを見ながら、転倒の怪我により自身も意識を失う。再び目を覚ました時、玩具修理者は、ワープロを修理していた。ワープロには猫か道雄のものと思われる生体が使われており、猫の目はモデルガンの弾がはめ込まれていた。

会話相手の男が弟であり、女は転倒した際に顔の1/4を失ってしまい玩具修理者に修理されたことで、彼女が常に室内でサングラスをつけている理由が猫の目を埋め込まれた為、光を見ると目が細くなることを見せつける。

「さぁ、見て!これでもう逃げ場はないわ!わたしの左の瞳は強い光を受けると細くなるのよ……猫の目だから。」 

「姉さんは一体何者なんだ?」 

「道雄こそ何者なの?」

余談編集

  • 作中にはクトゥルー神話を想起させる単語が頻出する[1]。玩具修理者の名前“ようぐそうとほうとふ”は、神話に登場する旧支配者「Yog-Sothoth(ヨグ=ソトホース)」から[2]
  • また同作者の長編『ΑΩ』において、ある重要な登場人物の名前が「玩具修理者」である。
  • クトゥルー神話をモチーフに取った同作者の短編『C市』でも登場人物が「玩具修理者」の小説、映画に言及する場面がある。
  • 冨樫義博のHUNTER×HUNTERに玩具修理者という治癒能力が登場する。

漫画編集

MEIMUによるコミカライズ[3]

  • 他に「人獣細工」「吸血鬼狩り」「兆―KIZASHI―」「本―HON―」を収録。

映画編集

玩具修理者
監督 はくぶん
脚本 相良敦子
はくぶん
松尾奈津
原作 小林泰三
製作 佐々木亜希子
橋本直樹
製作総指揮 奥山和由
出演者 田中麗奈
忍成修吾
麿赤兒
姿月あさと
美輪明宏
音楽 神津裕之
撮影 福本淳
製作会社 キューフロント
バンダイビジュアル
テンカラット
電通
キュームービー
配給 キュームービー
公開   2002年1月1日
上映時間 47分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2002年渋谷QFRONTで公開され、2週間ドリンク付き低料金上映という新形式での上映形態も話題を集めた[1]

原作のスプラッター描写は抑えられ、ファンタジーテイストに仕上げられている[1]。撮影は当時導入例の少ないHD1080/24Pで行われた[1]

スタッフ編集

出演編集

舞台編集

アジマリカムにより、2004年4月10日・11日、シアトリカル應典院で公演された。

脚注編集

  1. ^ a b c d 「106号巻末特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2003」『宇宙船』Vol.106(2003年5月号)、朝日ソノラマ、2003年5月1日、 140頁、 雑誌コード:01843-05。
  2. ^ 小林泰三『玩具修理者』角川書店〈角川ホラー文庫〉、1999年4月。ISBN 4043470010。「解説(井上雅彦)より」
  3. ^ Meimu(漫画); 小林泰三(原作) 『玩具修理者』 角川書店〈角川コミックス・エース・エクストラ〉、1999年6月。ISBN 404713256X 

外部リンク編集