珠心胚実生(しゅしんはいみしょう)は、発芽したが、受精の結果生じたとは別に、珠心胚とよばれる親植物の細胞由来からの芽であること。