メインメニューを開く

現代やくざ 与太者仁義』(げんだいやくざ よたものじんぎ)は、1969年5月31日に公開された日本の映画。監督は降旗康男[1]、主演は菅原文太

現代やくざ 与太者仁義
監督 降旗康男
脚本 村尾昭
長田紀生
出演者 菅原文太
音楽 八木正生
撮影 山沢義一
編集 長沢嘉樹
製作会社 東映東京 
配給 東映
公開 日本の旗 1969年5月31日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
前作 現代やくざ 与太者の掟
次作 現代やくざ 盃返します
テンプレートを表示

スタッフ編集

キャスト編集

製作編集

撮影編集

1969年5月6日クランクイン[2][3]。しかし田村正和の恋人役としてキャスティングされていた麻生れい子が朝9時からの撮影開始時間になっても大泉スタジオに現れず[2][3]。田村や菅原文太らはメーキャップも終え、衣装も万全にして待機していたが麻生と連絡も取れず、7時間が過ぎた夕方4時に麻生のマネージャーから「撮影所の付近まで来たが、出演の自信がなくったと言っております。申し訳ありません」と報告があった。それまでセットを組み替えシーンを変更して撮影していたが、麻生は二年前の主演作『囁きのジョー』(松竹)でも仕事をすっぽかしたり、時間にルーズで、スタッフを散々泣かせ、監督の斎藤耕一が騙し騙し使い、ようやく完成させたという前科があり[2]、監督・スタッフ協議の末、麻生を降板させた[2][3]。 代役は佐々木愛が務めたが、文献により麻生の名前が残っているものもある。麻生はファッションモデル出身で、東映では本作直前に東映京都撮影所で撮影した石井輝男監督の『徳川いれずみ師 責め地獄』でやはり主演だったファッションモデル出身の由美てる子が失踪したこともあり[2]、「ファッションモデルは時間的観念や義務感がまるっきりない者が多い。時間で歯車が動いている映画やテレビには向かない」などと映画業界でファッションモデル出身の女優に対し厳しい評価が広まった[2]

同時上映編集

日本侠客伝 花と龍

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 現代やくざ 与太者仁義”. 日本映画情報システム. 2018年11月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “ごらくエリア 撮影すっぽかしの常習犯 麻生れい子という女 『酒、麻雀に強く、男が大好き』”. 内外タイムス (内外タイムス社): p. 3. (1969年5月10日) 
  3. ^ a b c “週間ニュース”. 内外タイムス (内外タイムス社): p. 3. (1969年5月11日) 

外部リンク編集