現代詩ラ・メール

現代詩ラ・メール』(げんだいしラ・メール)は、1983年に創刊された、女性のための詩誌。季刊1993年に終刊。

概要編集

1983年(昭和58年)、新川和江吉原幸子のふたりの詩人を編集人として思潮社から創刊。「女性詩の系譜」を縦糸に、「あらゆる分野の女性アーティスト」を横糸にして一枚の布を織るというコンセプトのもと、「すべての生きもののふるさと」としてフランス語のラ・メール(海)を誌名とする。編集には詩人の白石かずこ新藤涼子高橋順子長嶋南子らも名を連ねた。

21号からは思潮社から独立し、書肆水族館(しょしすいぞくかん)発行となるが、1990年頃からの吉原の病により『どちらかが倒れたら辞める』という独立時の約束に従って1993年(平成5年)の通巻40号をもって終刊となった。[1]

全盛期には定期購読の会員が1300人を突破した。なお、全期間を通して発売元は思潮社であり、一般の書店で販売された。

全号一覧編集

(特集/吉原幸子との対談)31, 38〜40号は対談はなし。

思潮社発行 1983〜1988編集

書肆水族館発行 1988〜1993編集

詩作以外の主な連載編集

  • 夢無と冬子の悪夢 - 山本道子 1-12号
  • 樹のうえで猫がみている - やまだ紫 1-18, 20-28, 30, 32-38号
  • マイライフ・マイソング - 谷山浩子 9-15, 17-19号
  • ミッシング・リンク・ステーション - 白石かずこ 17-29, 31-36, 38号

ラ・メール賞編集

ラ・メール新人賞編集

ラ・メール短歌賞編集

  • 1987年 第1回 柚岡華子
  • 1989年 第2回 飴本登之
  • 1991年 第3回 宮崎郁子
  • 1993年 第4回 中里茉莉子

ラ・メール俳句賞編集

  • 1988年 第1回 小津はるゑ(名取里美
  • 1990年 第2回 高浦銘子
  • 1992年 第3回 松本有宙

関連図書編集

  • 女を生きる女たち - 吉原幸子対談集 思潮社, 1985年(大庭みな子/岸田今日子/田辺聖子/山崎ハコ/佐多稲子/ヨネヤマママコ/瀬戸内寂聴/如月小春)
  • 今をはばたく女たち - 吉原幸子対談集 思潮社, 1988年(三枝和子/高野悦子/馬場あき子/丸木俊/茨木のり子/干刈あがた/宮城まり子)

参考文献編集

  • 『吉原幸子展図録』前橋文学館, 1996年
  • 『現代詩手帖特集版 吉原幸子』思潮社, 2003年

脚注・出典編集