理学

基本的に自然科学(応用科学を含む)の別名

理学(りがく)とは、自然科学物理学などを指す言葉[1][2][3]。理学は『学研国語大辞典』で「自然に関する科学の総称」とされ[1]、『大辞林』では「自然科学」とされている[2]。『大学事典』では、「理学は自然界にひそむ原理法則および現象探究する学問」とされており、数学なども理学に含まれている[4]。理学を意味する英語は“science”(科学[5][6]、“physics”(物理学[2][6]、“physical science”(物理科学[6]、“natural science”(自然科学)など[6][注 1]

概要編集

『大学事典』では、「理学」の根源は全ての自然現象に対する知的欲求であるとされており、理学の研究方法は一般に「科学的方法」と言われる[4]。理学は「数学物理学化学生物学地学等」によって構成されており、理学は実学分野(工学農学医学など)の基礎である[4]。また「理学は,実験観測および理論等に基づく合理的な自然観を広く社会に与えてきた」という[4]理学部教育目的は、《理学の意義と素養(知識・能力・態度)によって広く社会に貢献できる人材の育成》であると『大学事典』は述べている[4]

辞書的定義編集

りがく【理学】

science.
理学士  a Bachelor of Science
理学博士  <人> a Doctor of Science; <学位> Doctor of Science 《略: D.Sc.》

理学部  the department of science[5]


  • 学研国語大辞典』:

りがく【理学】
物理学化学地質学天文学生物学など、自然に関する科学の総称。特に、物理学。[1]


り-がく【理学】
(1)〔physics〕自然科学。明治初期には特に物理学の称。「―博士」
(2)〔philosophy〕哲学。明治初期の用語。
(3)中国宋代に周濂渓(シユウレンケイ)・程頤(テイイ)・朱熹(シユキ)らが唱えた学問。人間が生まれつきもっている性と宇宙の根本である理とを重視した学問。宋学。性理学。[2]


り‐がく【理学】
1 物理学・化学・天文学などの総称。自然科学。「理学博士」「理学部」
2 物理学のこと。
3 中国代、宇宙の本体とその現象を理気の概念で説いた哲学性理学[3]


り‐がく【理学】

① 宋代に起こった新儒学の一称。宋学が理を重んじたところからいう。宋学。朱子学。性理学。
※花園天皇宸記‐元亨三年(1323)七月一九日「近日風体以二理学一為レ先、不レ拘二礼義一之間、頗有二隠士放遊之風一」
② 哲学。明治初期、フィロソフィー訳語が一定しなかった時に用いられた。
※百学連環(1870‐71頃)〈西周〉二「哲学(ヒロソヒー)を理学、或は窮理学と名つけ称するあり」

③ 自然科学。特に、明治初期の物理学の名称。
※遠西観象図説(1823)中「凡そ、天文は体にして、本たり。理学は用にして、標たり。苟も、用を得ずして、体を求むるものは、これを施す処を知らず」[7]

歴史編集

宋~明編集

中国の時代には、宇宙の本体とその現象を理気の概念で説いた哲学があり[3]、「理」を追求したので「理学」と呼ばれた。また「性即理」と説いたので「性理学」とも呼ばれる。

明治時代編集

明治時代、日本に諸外国の学問が流入するようになると、それらの学問の呼称を日本語でどう表記・呼称するか工夫、試行錯誤が行われた。philosophyの訳語として「理学」が用いられた。

後になって、「理学」の前に「物」を加えて「物理学」と訳すことが一般的になった。今日でも用いられることがあり、また医療・リハビリの分野の「理学療法」(physicalな療法のこと)などに、同様の用法が用いられている。

また明治時代、自然科学の基礎研究諸分野をまとめて「窮理学」と呼ぶことも行われた。やがて「窮」の字を略した、略語としての「理学」も用いられるようになったが、一方でnatural scienceの訳語としては「自然科学」も使われるようになった。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 以下は『weblio英和辞典・和英辞典』の「理学」の項からの引用[6]
    理学
    … physics … science … physical science; natural science[6]

出典編集

  1. ^ a b c 『学研国語大辞典』「りがく【理学】」
  2. ^ a b c d 『大辞林』「り-がく【理学】」
  3. ^ a b c 『デジタル大辞泉』「理学」
  4. ^ a b c d e 『大学事典』「理学部」
  5. ^ a b 『研究社 新英和中辞典』「りがく【理学】」
  6. ^ a b c d e f 『weblio英和辞典・和英辞典』「理学」
  7. ^ 『精選版 日本国語大辞典』「理学」

関連項目編集