理想の結婚 (映画)

理想の結婚』(りそうのけっこん、An Ideal Husband)は、1999年に制作されたイギリス映画オスカー・ワイルド戯曲理想の夫』の映画化作品である。

理想の結婚
An Ideal Husband
監督 オリヴァー・パーカー
脚本 オリヴァー・パーカー
原作 オスカー・ワイルド
理想の夫
製作 バーナビー・トンプソン
ウリ・フルッツマン
ブルース・デイヴィ
音楽 チャーリー・モール
撮影 デヴィッド・ジョンソン
編集 ガイ・ベンスレー
公開 イギリスの旗 1999年4月16日
日本の旗 2000年2月19日
上映時間 97分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $14,000,000
テンプレートを表示

あらすじ編集

1895年、ロンドンの社交界。独身貴族アーサー(ルパート・エヴェレット)は親友で政治家のロバート(ジェレミー・ノーザム)の妹メイベル(ミニー・ドライヴァー)との結婚に踏み切れないまま、優柔不断に日々をすごしていた。ロバートと聡明な妻ガートルード(ケイト・ブランシェット)は人も羨む理想的な夫婦。ところが、ウィーンの社交界の華となったチーヴリー夫人(ジュリアン・ムーア)が帰国して事態は急変。彼女はアーサーと婚約していたことがあるばかりか、今度はロバートに接近して過去の秘密をネタに彼を脅迫、自分が投資する運河建設計画に協力を求める。返事を渋るロバートに業を煮やしたチーヴリー夫人はガートルードにロバートの旧悪を暴露。ショックを受けたガートルードはロバートを追い出した。いっぽう、アーサーもチーヴリー夫人によって身の振り方の決断を迫られる。かくして二組の男女は様々な思いを胸に、“理想の結婚”をめぐり揺れ動くのだった。

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本:オリヴァー・パーカー
  • 撮影:デヴィッド・ジョンソン
  • 美術:マイケル・ハウエルズ
  • 音楽:チャーリー・モール
  • 衣装:キャロライン・ハリス

外部リンク編集