メインメニューを開く

理想』(りそう、Die Ideale)S.106/R.423は、フランツ・リストが作曲した12番目の交響詩

目次

概要編集

1857年に、ヴァイマルシラーの詩「理想」を元として作曲した。

初演編集

1857年9月5日、ヴァイマル宮廷劇場にてリスト自身の指揮により初演。

編成編集

演奏時間編集

約27分。

構成編集

木管と低弦のピツィカートに導かれるアンダンテの導入部と、速い弦の動きのアレグロ・スピリトーソの主部からなるが、途中でも序奏の主題が出てきて循環する。なおオプションによる短縮形は1種類のみだが、長いためこれ以外にも後半をカットする指揮者も多い。

参考文献編集

  • 「最新名曲解説全集補巻1 交響曲・管弦楽曲・協奏曲」(平野昭 執筆、音楽之友社
  • 名曲大辞典(音楽之友社)
  • オイレンブルクのスコア、No.458

外部リンク編集