メインメニューを開く

琉仏修好条約(りゅうふつしゅうこうじゃうやく)は、1855年11月24日咸豊5年・安政2年10月15日)に琉球國(琉球王国)フランス帝国が締結した通商条約。後述のように武力によって強制されており、典型的な不平等条約である。

1879年明治12年)の琉球処分琉球國(琉球王国)が滅亡したことにより、失効したとされる。

締結までの経緯編集

1855年11月6日咸豊5年・安政2年9月27日)に条約締結交渉のため、ニコラ・ゲランがウイホヂウネー号他三隻のフランス船を率いて那覇港に寄港した。

翌日の11月7日(9月28日)から協議がはじまり、1855年11月16日咸豊5年・安政2年10月7日)に琉球側は、条約の修正を要求するがフランス側はこれを退けた。同月12日琉球側がもう一度条約の修正を願い出たところ、ゲランは約40名の兵を投入し尚景保らを武力を以て威嚇、強引に原案への調印を約束させた。

そして、1855年11月24日咸豊5年・安政2年10月15日)ゲランと尚景保らが調印し、条約成立に至った。

全権編集

主な内容編集

  • フランスとの自由貿易
  • フランス船舶への薪水の供給。
  • フランス船舶からの漂流民の救助と引渡し。
  • フランスに領事裁判権を認める。
  • フランス人の居住地の設置。

関連項目編集