琉球ブルーオーシャンズ

NPB参入を目指す沖縄県のプロ野球チーム

琉球ブルーオーシャンズ(りゅうきゅうブルーオーシャンズ、英語: Ryukyu BLUE OCEANS)は、沖縄県を本拠地とするプロ野球チーム。

琉球ブルーオーシャンズ
会社名 株式会社BASE沖縄野球球団
創設 2019年
所属リーグ

リーグ加盟せず

歴代チーム名

琉球ブルーオーシャンズ(2020年 - )

本拠地
沖縄県宜野湾市、沖縄県浦添市
フランチャイズの遍歴

沖縄県宜野湾市沖縄県浦添市(2020年 - )

永久欠番
獲得タイトル
成績(タイトル以外)
球団組織
監督 清水直行

2019年令和元年)7月18日に設立が発表された[1][2]。運営は東京のスポーツマネジメント会社BASE[3]

概要編集

チーム名の「ブルーオーシャンズ」は「沖縄の青い海と無限に広がる可能性へ出発する」という点から名付けられた[2]。元東北楽天ゴールデンイーグルス監督の田尾安志ゼネラルマネージャーを務め、球団社長には元横浜DeNAベイスターズ小林太志が就任した[1]

本社は宜野湾市に置き、宜野湾市と浦添市を本拠地、宮古島市八重瀬町を準本拠地とする構想[2]。初代監督は清水直行(前・千葉ロッテマリーンズコーチ)が就任した[4]

独立リーグには所属せず、将来日本野球機構(NPB)が参入枠を拡大した場合に加盟することを目標に置いている[1][2]2020年(令和2年)1月から活動し、NPBのファーム(三軍を含む)や独立リーグや台湾のチームとの交流戦を実施する意向を示している[1][3]

2019年10月29日、第1号入団選手として八重瀬町出身で元東京ヤクルトスワローズ比屋根渉の獲得を発表[5]。11月20日にはトライアウト合格者を発表し、又吉亮文ら19人が合格した[6]。翌21日に前中日ドラゴンズ亀澤恭平の獲得を明らかにした[7]のを皮切りに吉村裕基村中恭兵ら更に複数の元NPB選手が加入。

2020年2月14日、沖縄ケーブルネットワークとストラテジックメディアパートナー契約を結んだことを発表。同局のコミュニティチャンネルである「テレビにらい」にて録画を含む琉球の全試合を放映する[8][9]

オープニングゲームは、2020年2月29日、沖縄セルラースタジアム那覇読売ジャイアンツ三軍と対戦。ただし、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、無観客試合でのスタートとなった[10]

2020年3月6日、日本独立リーグ野球機構に賛助会員として加盟[11]

4月4日、前日の練習前に選手1名に発熱者がいたことを報告(診断結果は扁桃炎)。練習を中止し、4月6日、同月16日まで自宅待機とすることを発表した。

6月1日、球団代表の北川智哉が代表取締役に異動し、代表取締役だった小林が取締役球団本部長兼球団代表となることを発表した[12]

スタッフ・選手編集

監督・コーチ編集

名前 背番号 備考
清水直行 81 監督
田尾安志 88 シニアディレクター兼打撃総合コーチ
寺原隼人 74 投手コーチ
亀澤恭平 2 選手兼内野守備コーチ
井手正太郎 26 打撃兼外野守備走塁コーチ
勝崎耕世 98 トレーニングコーチ

投手編集

選手名 背番号 備考
村中恭兵 15 元・東京ヤクルトスワローズ
松本直晃 20 元・埼玉西武ライオンズ
又吉亮文 29
沼田拓巳 30 元・東京ヤクルトスワローズ
上原幸真 31
三吉央起 35
豊山礼大 36
日隈モンテル 41
本野一哉 47

捕手編集

選手名 背番号 備考
杉山翔大 22 元・中日ドラゴンズ
三好一生 27
金子隆浩 39
浅川朝陽 45

内野手編集

選手名 背番号 備考
吉村裕基 1 元・福岡ソフトバンクホークス
亀澤恭平 2 内野守備コーチ兼任
元・中日ドラゴンズ
李杜軒 5 元・千葉ロッテマリーンズ
松尾大河 23 元・横浜DeNAベイスターズ
横山辰巳 40
ダニエル・ゴンザレス 42
菅野亜門 44
宮城清主 50
繁田隼 52
神谷塁 53

外野手編集

選手名 背番号 備考
比屋根渉 0 元・東京ヤクルトスワローズ
岸里亮佑 9 元・北海道日本ハムファイターズ
加藤徹 32
大城駿斗 33
森颯馬 37
花城凜 38

テスト生編集

選手名 備考
ノアム・カリサール

歴代監督編集

脚注編集

  1. ^ a b c d “沖縄県初のプロ野球球団「琉球ブルーオーシャンズ」設立発表”. サンケイスポーツ. (2019年7月19日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20190719/npb19071905010001-n1.html 2019年7月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d “沖縄初プロ野球目指す 琉球ブルーオーシャンズ設立”. 琉球新報. (2019年7月19日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-956075.html 2019年7月21日閲覧。 
  3. ^ a b “沖縄にプロ野球球団誕生、NPB参入目標”. nikansports.com. (2019年7月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201907190000115.html 2019年7月23日閲覧。 
  4. ^ “清水直行氏 沖縄初のプロ野球球団琉球ブルーオーシャンズ初代監督に就任”. スポーツニッポン. (2019年10月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/08/kiji/20191008s00001000241000c.html 2019年11月16日閲覧。 
  5. ^ “琉球、元ヤクルト・比屋根獲得 清水監督就任も発表”. 産経新聞. (2019年10月29日). https://www.sankei.com/sports/news/191029/spo1910290030-n1.html 2019年11月26日閲覧。 
  6. ^ “琉球ブルーオーシャンズ合格発表”. NHK沖縄放送局. (2019年11月20日). https://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/20191120/5090008512.html 2019年11月24日閲覧。 
  7. ^ “沖縄プロ野球チーム「琉球ブルーオーシャンズ」が前中日・亀沢恭平の獲得を発表”. Full-Count. (2019年11月21日). https://full-count.jp/2019/11/21/post612173/ 2019年11月24日閲覧。 
  8. ^ “元ヤクルト・村中 琉球ブルーオーシャンズ入団 数日前からネットざわざわ「すみません、僕です」”. Sponichi Annex. (2020年2月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/02/14/kiji/20200214s00001173267000c.html 2020年2月14日閲覧。 
  9. ^ 琉球ブルーオーシャンズ試合の放送について”. 沖縄ケーブルネットワーク(2020年2月17日作成). 2020年2月20日閲覧。
  10. ^ “2 月 29 日(土)オープニングゲーム無観客試合のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 琉球ブルーオーシャンズ, (2002年2月26日), https://ryukyu-blueoceans.jp/pdf/base_20200226_01.pdf 2020年2月26日閲覧。 
  11. ^ “琉球ブルーオーシャンズのIPBL加盟承認のお知らせ” (プレスリリース), ルートインBCリーグ, (2020年3月6日), https://www.bc-l.jp/news.php?keyno=239 2020年3月6日閲覧。 
  12. ^ 役職変更に関するお知らせ - 琉球ブルーオーシャンズ (2020年6月1日)

外部リンク編集