メインメニューを開く

琵琶湖バラバラ殺人事件(びわこバラバラさつじんじけん)とは、2008年5月17日早朝から6月23日にかけて滋賀県近江八幡市琵琶湖で発覚した殺人死体損壊事件である。

容疑者の特定・逮捕まで至っておらず、未解決事件となっている。

目次

概要編集

2008年5月17日に遺体の一部が発見され、その後同一人物の他の部位が湖岸で発見された事件である。

2009年2月27日警察庁捜査特別報奨金制度に同事件を対象にした。報奨金の上限は300万円。その後、2012年に一旦指定から外されたが、2014年9月9日に対象事件に再指定された。

その後、2018年11月30日に滋賀県警は被害者男性の身元が判明したと公表した[1]

遺体発見編集

2008年5月17日、琵琶湖の湖岸緑地である岡山園地で早朝から釣りをしていた男性が漂流している人間の足を発見し、滋賀県警に通報した。また、同日に捜査員が同湖で足の一部を発見したほか、5月20日には頭部が発見され、さらに6月22日と翌23日にかけて湖岸で両手首が見つかった。鑑定の結果、すべての遺体のDNAが一致し、死因は首を絞められたことによる窒息死とされたことから、県警は殺人・死体遺棄事件として捜査を開始した。

被害者の身元を調査するために復顔法(頭蓋骨の形状をもとに、年齢や性別を加味して肉付けをする方法)を試み、似顔絵も公開されていたが、被害者の身元は10年間判明しなかった。

身元の特定編集

2018年11月30日に滋賀県警は被害者を野洲市の男性(当時39歳)であると特定したと発表した[2]。DNA鑑定や親族への聞き取りの結果、身体や顔の特徴も遺体と一致した[2]。また、県警が運転免許の非更新者から所在不明者を探したところ、1、2年前に男性の存在が浮上した[2]

別の遺体切断事件で起訴された被告男性と知人どうしであったことから、県警は被告が何らかの事情を知っているとして捜査を進めている[2]

虚偽通報編集

2008年7月11日大阪府泉佐野市の41歳無職の女が交際男性に腹を立て、交際男性を同事件の容疑者に仕立て上げる虚偽の通報があった。女は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで書類送検された[3]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “琵琶湖バラバラ殺人、被害者は野洲の男性 DNA鑑定で判明”. 京都新聞. (2018年12月1日). 2018-12-01 
  2. ^ a b c d “琵琶湖バラバラ殺人被害者の男性 別の遺体切断容疑被告と交友”. 京都新聞. (2018年12月1日). 2018-12-01 
  3. ^ 「犯人知ってる」とうそ 琵琶湖バラバラ殺人で - 47NEWS共同通信社:2008年7月11日付、2009年10月2日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集