瑜伽部 (大正蔵)

大正新脩大蔵経 > 瑜伽部 (大正蔵)

瑜伽部(ゆがぶ)とは、大正新脩大蔵経において、大乗仏教瑜伽行唯識学派」の論書など、「瑜伽行」「唯識思想」に関する書籍をまとめた領域のこと。

瑜伽師地論』『菩薩地持経』『菩薩善戒経』『成唯識論』『唯識三十頌』『摂大乗論』『大乗荘厳経論』『究竟一乗宝性論』などが含まれる。

第15番目の部であり、収録されている経典ナンバーは1579から1627まで。巻数では30巻(後半)から31巻にかけてに相当する[1]

目次

構成編集

巻別編集

  • 瑜伽部 (上) 第30巻 - No.1579-1584
  • 瑜伽部 (下) 第31巻 - No.1585-1627

詳細編集

瑜伽部 (上) 第30巻 - No.1579-1584

瑜伽部 (下) 第31巻 - No.1585-1627

脚注・出典編集

関連項目編集

外部リンク編集