瑤泉院

赤穂藩主浅野長矩の妻

瑤泉院(ようぜんいん、延宝2年(1674年) - 正徳4年6月3日1714年7月14日)、生年については異説も)は、江戸時代中期の女性。赤穂事件で知られる赤穂藩浅野長矩の妻。名は阿久里(あぐり/おくり)、阿久理・阿久利とも。

夫の死後、落飾して瑤泉院と称した。「ようぜいいん」と読まれることが多いが、これは冷泉家の「泉」を古代の呉音で「ぜい」と読むことにつられた読み癖(誤読)で、正しくは漢音で「ようぜんいん」と読む。

目次

人物編集

 
生誕の地(現在の氷川神社)

初代備後国三次藩主の浅野長治の三女。父の死後、その跡を継いだ浅野長照の養女となった。母は浅野長重(浅野長矩の曽祖父)の娘。はじめ尚姫と名づけられたが、のちに栗姫、阿久里姫と改名した。三次藩士の落合勝信がお付きの用人として付けられ、彼女の養育に当たった。

生まれてすぐに播磨国赤穂藩主・浅野長矩との縁組が進められ、延宝5年9月(1677年10月)に婚約が成立、延宝6年4月9日(1678年5月29日)には婚儀に備えて長矩の屋敷へ移った。天和3年正月(1683年2月)に婚儀が執り行われて同年4月9日(5月5日)に正式に長矩室となった。子には恵まれず元禄8年12月(1696年1月)に長矩の弟浅野長広を養子としていた。

しかし元禄14年3月14日(1701年4月21日)、長矩が江戸城殿中で高家肝煎吉良義央(上野介)に刃傷に及ぶと、殿中抜刀の罪により即日切腹、赤穂藩は改易となる。阿久里は16日には赤坂にある実家の三次浅野家下屋敷に引き取られ、落飾して夫の菩提を弔った。

元赤穂藩家老の大石良雄らが吉良邸討ち入りを決定すると、瑤泉院は自身の化粧料である赤穂の塩田から上がった運上銀を大石に託し、彼らの生活を陰ながら支えた。吉良を討ち取り後幕命により切腹となった赤穂浪士の遺児たちのうち、伊豆大島へ流された吉田伝内・間瀬定八・中村忠三郎・村松政右衛門の赦免運動にも尽力し、宝永3年8月(1706年9月)将軍家綱の二十七回忌の機に前年に病死した間瀬を除く3名の恩赦を実現させた。

正徳4年(1714年)、三次浅野家下屋敷で死去。享年41。夫と同じ江戸高輪泉岳寺に葬られた。戒名は瑤泉院殿良瑩正燈大姉。生まれ故郷の三次の鳳源寺に、瑤泉院を供養した五輪の遺髪塔がある。

「南部坂雪の別れ」編集

 
今日の南部坂

討ち入り直前に赤穂藩家老の大石良雄が赤坂南部坂の瑤泉院のもとに赴くという「南部坂雪の別れ」は、『忠臣蔵』など赤穂事件を題材にした創作作品によく描かれるシーンだが、事実ではない。

浅野家改易後に大石が瑤泉院に拝謁したのは、討ち入りからだいぶ前の元禄14年11月14日(1701年12月13日)の一度のみだった。これは、大石が瑤泉院の結婚時の持参金を、浅野家の家名再興や討入りの運動資金として使用し、討入り直前にその収支決算書を瑤泉院の用人・落合勝信に提出したことが元になっているようである。討ち入り前夜にこれらの書類を大石良雄の命で届けたのは、後世に「義僕」と呼ばれた近松行重の家僕の甚三郎である。

そもそも瑤泉院は当時、南部坂には住んでおらず、同じ赤坂の今井町にあるお里方の三次浅野家の下屋敷に引き取られていた。この瑤泉院自前の三次領からの収益を、大石らの討ち入り費用に用立てたとする説もある。

生年に関する異説編集

瑤泉院の生年、享年については『赤穂義士事典』の「浅野長矩年譜」、平尾孤城『人間赤穂浪士』、また瑤泉院の墓所の泉岳寺も享年41説で、延宝2年生まれということが定説となっている。

これに対し、赤穂大石神社宮司を務め、 赤穂義士研究者でもあった飯尾精が異説を紹介している。飯尾によると、全浅野家の記録で、浅野宗家に伝わる「三次分家済美録」では瑤泉院は寛文9年(1669年)生まれであるという[1]

これが正しいとすれば、瑤泉院の享年は46で、夫の長矩とは2歳違いである。他の義士研究団体『中央義士会』もこの説を踏襲している[2]

出典編集

  1. ^ 『忠臣蔵の真相』 飯尾精 著、1988年。
  2. ^ 『忠臣蔵四十七義士全名鑑(完全版)』 財団法 中央義士会 特別監修、2007年

関連項目編集