環境論

地理学における、自然環境と人間との関係の考察

環境論(かんきょうろん)は、人文地理学の研究テーマの1つで、自然環境人間との関係を考察する[1]。一般に環境決定論環境可能論の2つが挙げられる[2]。このほか、環境認知論環境改変の視点も扱われる[2]

環境決定論編集

環境決定論は、自然環境が人間活動を規定するという考え方である[2]。1930年代までのアメリカ合衆国での地理学で広く支持されていた[3]。環境決定論の思想の影響を受けた人物としてフリードリヒ・ラッツェルや、その弟子のエレン・センプルエルズワース・ハンティントンが挙げられる[2]

環境可能論編集

環境可能論は、人間活動において、自然環境は多種の可能性を与えるという考え方である[4]。環境決定論と比較される思想で[3]、自然環境が人間活動を規定するという考え方を否定している[2]

環境認知論編集

環境認知論は、人間の環境認知が、人間活動において多種の可能性を与える自然環境からどれを選択するかを決定する、という考え方である[5]。環境認知研究は1960年代以降に発展し、行動地理学の一分野となっていった[6]

環境改変編集

人間が自然環境に与える影響についても考察対象となっている[7]。人間は生存のため、あるいは生活環境の向上を目的に自然環境を改変してきたが、現代では環境改変の影響が増大し、地球環境問題に発展している[8]

脚注編集

  1. ^ 二村 2012, p. 26.
  2. ^ a b c d e 田林 1995, p. 81.
  3. ^ a b 田林 1995, p. 82.
  4. ^ 上野 2015, p. 4.
  5. ^ 松井 2019, p. 65.
  6. ^ 田林 1995, p. 83.
  7. ^ 田林 1995, p. 84.
  8. ^ 森本 2019, p. 60-61.

参考文献編集

  • 上野和彦 著「地理学の歩み」、上野和彦・椿真智子・中村康子 編 『地理学概論 [第2版]』朝倉書店〈地理学基礎シリーズ〉、2015年、1-9頁。ISBN 978-4-254-16819-8 
  • 田林明 著「文化生態(1)」、高橋, 伸夫、田林, 明; 小野寺, 淳 他 編 『文化地理学入門』東洋書林、1995年、81-111頁。ISBN 978-4-88721-086-8 
  • 二村太郎 著「地理学と環境論」、人文地理学会 編 『人文地理学事典』丸善出版、2012年、26-29頁。ISBN 978-4-621-08687-2 
  • 松井圭介 著「環境の認知・イメージ・場所」、松岡憲知・田中博・杉田倫明・八反地剛・松井圭介・呉羽正昭・加藤弘亮(編) 編 『改訂版 地球環境学』古今書院〈地球学シリーズ〉、2019年、63-70頁。ISBN 978-4-7722-5319-2 
  • 森本健弘 著「人間による環境の改変と破壊」、松岡憲知・田中博・杉田倫明・八反地剛・松井圭介・呉羽正昭・加藤弘亮 編 『改訂版 地球環境学』古今書院〈地球学シリーズ〉、2019年、60-63頁。ISBN 978-4-7722-5319-2 

関連項目編集

  • 風土 - 日本の地理学における環境論と関連