メインメニューを開く

環太平洋柔道選手権大会

環太平洋柔道選手権大会(かんたいへいようじゅうどうせんしゅけんたいかい)は、太平洋に面した国と地域が参加する柔道の国際大会である[1]

概要編集

1980年から始まり、1981年以降は隔年で開催される。当初は太平洋招待柔道選手権大会と称されていた。また、この大会は1980年という比較的早い時期から男女共催で大会が開催されていた。日本の女子選手が初めて国際大会に出場したのは第1回のこの大会である。しかし、山口香竪石洋美が3位となったものの、金メダル獲得はならなかった[2]名古屋で開催された第2回大会の61kg級で三井建設笹原美智子が優勝したことにより、日本の女子選手として初となる国際大会での金メダル獲得となった。さらに、72kg級で鈴木金属の佐藤広世と中部柔道専門学校の加藤律子が決勝に進んだことで、国際大会初の日本選手同士による決勝となった[3]

歴代開催地一覧編集

脚注編集

  1. ^ 第16回環太平洋シニア柔道選手権大会
  2. ^ 「女子柔道の歴史と課題」 山口香 日本武道館、84頁 ISBN 4583104596
  3. ^ 「第二回太平洋招待柔道選手権大会」月刊武道、1981年4月号 143頁

外部リンク編集