メインメニューを開く

環礁―ミクロネシヤ巡島記抄―

環礁 (紀行)から転送)

環礁-ミクロネシヤ巡島記抄-』(かんしょう-ミクロネシヤじゅんとうきしょう-)は、中島敦の短篇作品群(「寂しい島」「夾竹桃の家の女」「ナポレオン」「真昼」「マリヤン」「風物抄」の6篇)。

環礁 ―ミクロネシヤ巡島記抄―
作者 中島敦
大日本帝国の旗 大日本帝国
言語 日本語
ジャンル 短編、随想作品
収録 第二創作集『南島譚』今日の問題社 1942年11月
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

副題なしで『環礁』とだけ記されることもある。中島の南洋物の一種。

作者の中島敦は公学校用の教科書編纂のために1941年昭和16年)6月から1942年(昭和17年)3月まで、南洋庁官吏(内務部地方課の国語編集書記)としてパラオのコロール町(コロール島コロール)に赴任しており、その間に南洋群島各地の学校を視察するかたわら、1942年(昭和17年)1月中旬からは2週間ほど土方久功らとパラオ本島を一周し、様々な風物や自然を随想しながら記録している[1][2]

本作には南洋特有の珍しい文化や風物だけではなく、島民内地人との人間関係や、日本の統治下で暮らす島民の様子、そして当時の日本人の南洋観など、日本統治時代の南洋ならではの題材も取り上げられている。

目次

作品リスト編集

おもな収録書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 飯倉照平「註――環礁」(山月記 1994, pp. 387-394)
  2. ^ 木村一信「作家案内」(斗南先生 1997, pp. 295-307)

参考文献編集

  • 中島敦 『中島敦全集2』 ちくま文庫、1993年3月。ISBN 978-4480027528 
  • 中島敦 『山月記・李陵 他九篇』 岩波文庫、1994年7月。ISBN 978-4003114513 
  • 中島敦 『斗南先生・南島譚』 講談社文芸文庫、1997年3月。ISBN 978-4061975606 
  • 閻瑜 「中島敦の南洋物にみられるその時代意識:「マリヤン」を中心に」、『大妻国文』 (大妻女子大学)第(45)号139-156頁、2014年3月。 NAID 110009751981 
  • 閻瑜 「中島敦の南洋物の創作意識について : 「夾竹桃の家の女」を中心に」、『大妻国文』 (大妻女子大学)第(46)号83-95頁、2015年3月。 NAID 110009911487 
  • 洪瑟君 「中島敦「マリヤン」論――島民に投影された作家の自己イメージ」、『国文学攷』 (広島大学国語国文学会)第(203)号1-15頁、2009年9月。 NAID 120001609424 

関連項目編集

外部リンク編集