メインメニューを開く

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

(じ)とは、印章の一種。本来は印章一般を広く指す言葉であったが、始皇帝により、皇帝の印章を指す言葉として使われるようになった。その後、日本においても、天皇の印章を指す言葉として使われるようになる。また、日本においては三種の神器の1つである八尺瓊勾玉を「璽」とし、「」である天叢雲剣と併せて「剣璽」と呼ぶ。

関連項目編集