メインメニューを開く

瓜生堂駅(うりゅうどうえき)は、大阪府東大阪市瓜生堂および西岩田に建設が計画されている[1]近鉄奈良線大阪高速鉄道大阪モノレール線(大阪モノレール本線)の駅である。2029年開業が計画されている。

瓜生堂駅(仮称)
うりゅうどう
所在地 大阪府東大阪市
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
大阪高速鉄道(大阪モノレール)
テンプレートを表示
瓜生堂駅(仮称)
うりゅうどう
所在地 大阪府東大阪市瓜生堂3丁目および同市西岩田3丁目[1]
所属事業者 近畿日本鉄道(近鉄)
所属路線 A 奈良線
開業年月日 2029年予定
備考 未開業・未決定
テンプレートを表示
瓜生堂駅(仮称)
うりゅうどう
所在地 大阪府東大阪市瓜生堂3丁目および同市西岩田3丁目[1]
所属事業者 大阪高速鉄道(大阪モノレール)
所属路線 大阪モノレール線(本線)
キロ程 30.1km(大阪空港起点)
開業年月日 2029年予定
備考 未開業
テンプレートを表示

概要編集

現在大阪空港駅から門真市駅まで開業している大阪モノレール本線は、元々大阪国際空港から大阪中央環状線に沿って堺泉北臨海工業地帯を結ぶという構想があり、2004年に答申された「近畿地方交通審議会答申第8号」では「京阪神圏において、中長期的に望まれる鉄道ネットワークを構成する新たな路線」として、門真市から南進して東大阪市で近鉄奈良線と接続する計画が示されていた[2]

運営母体である大阪高速鉄道(大阪モノレール)の黒字化もあり、2013年に大阪府庁内で延伸計画の具体化が検討され、2018年7月11日付で大阪高速鉄道が軌道法第3条に基づく運輸事業特許(門真市 - 瓜生堂間8.9kmの延伸)を国土交通大臣宛に申請[3]、これが2019年3月19日付で申請通り特許された[1][4]ことにより計画が実施される見通しとなった。

駅設置場所は近鉄奈良線の若江岩田駅八戸ノ里駅のほぼ中間に位置しており、近鉄奈良線との接続駅も新設される計画となっている。また、大阪モノレールの車両基地も併設される計画となっている。

歴史編集

なお、今後は大阪府都市計画決定などが予定されている。

出典編集