瓢箪山稲荷神社

大阪府東大阪市瓢箪山町にある神社
本来の表記は「瓢簞山稲荷神社」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

瓢箪山稲荷神社(ひょうたんやまいなりじんじゃ)は、大阪府東大阪市瓢箪山町にある神社。日本三稲荷(諸説あり)の一つであり[1]辻占総本社である。

瓢箪山稲荷神社
Hyoutan-yama Inari Jinja01.JPG
所在地 大阪府東大阪市瓢箪山町8-1
位置 北緯34度39分38.7秒
東経135度38分31.2秒
座標: 北緯34度39分38.7秒 東経135度38分31.2秒
主祭神 若宇迦乃賣命保食大神
創建 天正11年(1583年
例祭 7月17日・18日(夏祭)
地図
瓢箪山稲荷神社の位置(大阪府内)
瓢箪山稲荷神社
瓢箪山稲荷神社
テンプレートを表示
本殿と狛犬

歴史編集

創建は天正11年(1583年)。豊臣秀吉大坂城築城にあたり、巽の方(大坂城の南東)三里の地に鎮護神として伏見城から「ふくべ稲荷」を勧請したことが由緒とされている。 現在の本殿は、慶応2年(1866年)に建てられたものである。

神社本殿の背後にある小丘は、通称「瓢箪山古墳」とよばれる、古墳時代後期・6世紀末ごろに作られた双円墳で、北側を大塚(狐塚)、南側を鬼塚と呼ぶ。山畑古墳群の中で最大・最古のもの。 そのヒョウタンに似た形状から、古墳および一帯の地名が「瓢箪山」と呼ばれるようになった。

辻占編集

江戸時代から近くの東高野街道において辻占いの風習があったが、明治時代初めごろに宮司が「辻占」を創始し、「淡路島かよふ千鳥の河内ひょうたん山恋の辻占」として日本全国に知られるようになった。

祭神編集

境内編集

交通編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 瓢箪山稲荷神社 東大阪市”. 東大阪市. 2012年3月24日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集