瓦版を売る読売の姿。なお、時代劇などでは左側の姿でしばしば登場するが、このように顔を露わにするのは明治維新直前まで無く、右のように編笠を被って顔がわからないように売った[1]

瓦版(かわらばん)は、江戸時代日本で普及していた、時事性・速報性の高いニュースを扱った印刷物をいう。天変地異大火心中などに代表される、庶民の関心事を盛んに報じた。街頭で読み上げながら売り歩いたことから、読売讀賣)ともいう。木版摺りが一般的。

目次

概要編集

妖怪出現など(例として「大猫」項を参照)、娯楽志向のガセネタもある。多くは一枚摺り。絵入りのものなどもあり、幕末期には多く出版され、浮世絵師歌川国芳らが描いていた。これらは無許可で出版される摺物であった。明治初期までは出版されることがあったというが、その後は新聞の登場などにより衰退した。現存する最古の瓦版は大坂の陣を記事としたものである。

天和から元禄1681-1704年間)にかけて盛んに刷られたとみられるが、その時期の瓦版はほとんど残っていない[2]。古いもので宝暦年間(1751-64年間)から現存してくる[2]享保7年2月1722年の3月か4月)[* 1]の法令中に「筋無き事並に心中の読売を禁じる」があり、享保9年6月1724年の7月か8月)[* 2]の法令にも、「御曲輪内での読売をしてはならぬ」との法が出されている[2]。裏を返せば、この時期(享保年間)に盛んに読まれていたということであるが、現存するものは残されていない[2]

語源編集

瓦版の語源は以下のように諸説あるがはっきりしていない。

  • 粘土板を用いて刷ったかのような粗悪な出来栄えである。
  • 木版の代わりに粘土板を用いて印刷した。
  • 紙の大きさがと同じくらいである。
  • 河原者が作った。

現代編集

現代日本語としては、掲示板様の告知・報道様式を指す雅称として「瓦版」「かわら版」という語が用いられる例は多い。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 旧暦の享保7年2月1日と2月30日(同月最終日)は、新暦グレゴリオ暦)では1722年3月17日と4月15日。
  2. ^ 旧暦の享保9年6月1日と6月30日(同月最終日)は、新暦(グレゴリオ暦)では1724年7月20日と8月18日。

出典編集

  1. ^ 森田健司 「江戸時代における「かわら版販売者」の形装」『大阪学院大学通信』第46巻第12号、2016年3月1日、pp.1-27。
  2. ^ a b c d 稲垣史生三田村鳶魚 江戸武家辞典』 青蛙房 新装版2007年 p.260.

関連項目編集

外部リンク編集