メインメニューを開く

瓶子 吉久(へいし よしひさ)は漫画雑誌編集者集英社の男性社員。2011年から2017年まで『週刊少年ジャンプ』の10代目編集長を務めた。

経歴編集

大学卒業後の1991年に集英社へ入社。週刊少年ジャンプ編集部へ配属され、桐山光侍忍空』、かずはじめ『MIND ASSASSIN』、木多康昭幕張』、高橋和希遊☆戯☆王』、あずまけいしんCHILDRAGON』、矢吹健太朗BLACK CAT』、大亜門無敵鉄姫スピンちゃん』『太臓もて王サーガ』など、さまざまなジャンルの漫画を担当した。また、入社2年目に担当した同誌の読者コーナー『ジャンプ放送局』を担当していた時は、「レトロのへーちゃん」と呼ばれた。

大亜門を持ち込み時代から担当し、連載まで育てた。

2006年に『週刊少年ジャンプ』副編集長、2010年に『ジャンプSQ』副編集長となる。2011年には『週刊少年ジャンプ』編集長となって2011年30号から2017年30号まで担当した。

人物編集

様々な漫画を担当してヒット作に導いた敏腕編集者である一方、うっかり者の面もある。大亜門が瓶子経由で賞へ投稿したとき、その頃はまだ本名だったため、ペンネームを現在の「大亜門」にして欲しいと言ったが、瓶子がそれを忘れたため、本名で載ってしまう[1]。次の賞の投稿時にもペンネームの件を念を押したが、またもや忘れて2度本名で載った[2]。他にも連載開始しても大亜門の手元に一通もファンレターが届かないので、人気がないと思って瓶子に聞いたところ、来ているが聞かれなかったので大亜門に渡していなかった[3]

離婚歴が1度あり、現在は再婚している。

編集長時代の業績編集

モデルとなったキャラクター編集

「週刊少年ジャンプ」で、担当編集者となったギャグ漫画を中心に登場する。

  • 幕張』では、吉六会メンバー「鬼瓶久吉」のモデルのほか、本人としても登場。連載中から現在に至るまで、木多康昭に私生活を虚実を交えて暴露され続けている。特にかずはじめとの交際(無論雑誌掲載時は前妻と婚姻関係が続いており、不倫となる)を公表し、前妻との離婚の原因を作った。
  • 太臓もて王サーガ』では、丘八十一(おか やそいち)のモデル。
  • 遊☆戯☆王』のコンピュータゲーム『遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶』、『遊☆戯☆王 真デュエルモンスターズII 継承されし記憶』、『遊☆戯☆王 フォルスバウンドキングダム 〜虚構に閉ざされた王国〜』に登場するヘイシーン
  • ジャンプ放送局』五代目担当編集者。土居孝幸が描いたイラストは当時の瓶子の特徴を捕らえている。コミックス18〜19巻担当(18巻冒頭の写真ページで早くも「入社二年目には見えない風貌」とコメントを書かれている)。瓶子をネタにしたハガキも多く寄せられ掲載されていた。なお、同コーナーの局長・さくまあきらが携わっている「桃太郎電鉄シリーズ」の「大阪のお笑い劇場」のキャラのモデルにもなった(キャラクターデザインは土居孝幸)。
  • バクマン。』では週刊少年ジャンプの副編集長役として登場。2011年には実際のジャンプと同様に、作中においても編集長として登場するようになった。
  • 珍遊記2〜夢の印税生活編〜』では、名前は出ていないが週刊少年ちんぷ副編集長として登場。編集長(前任の佐々木尚がモデル)が太郎に殺されたため、繰上げで編集長に就任。カンダーラ都城地下の印刷所が太郎に破壊されるのを防ぐため、妖怪図鑑の発行を条件に娘々に太郎の退治を依頼する。

担当作品と期間編集

年月日は『週刊少年ジャンプ』公式発売日を基準。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『無敵鉄姫スピンちゃん』p.76
  2. ^ 『無敵鉄姫スピンちゃん』p.92
  3. ^ 『無敵鉄姫スピンちゃん』p.172
  4. ^ 『JOJOVELLER HISTORY』p.98
  5. ^ 『週刊少年ジャンプ』2006年2号、大亜門の巻末コメント
  6. ^ 『太臓もて王サーガ』第3巻、p.38
先代:
創刊
少年ジャンプ+編集長
2014 - 2017
次代:
細野修平