甕棺墓

甕棺から転送)

甕棺墓(かめかんぼ)とは、(かめ)や(つぼ)を(ひつぎ)として埋葬するをいう。歴史的墓制として世界各地に見られるが、乳幼児の墓として用いられる例が多い。1個の甕に土器などの蓋をするもの(単棺)、2個の甕を開口部で合わせたもの(合口棺)などがある。気密性を確保するため、蓋や合口部を粘土などで固定することも多い。甕棺内部では、遺体を屈める屈葬(くっそう)の形態がとられる。屈葬及び甕棺の採用には、死者の魂を遺体にとどめておこうとする思想背景があった、と考える研究者もいる。

甕棺
甕棺墓埋葬の模型(吉野ヶ里遺跡展示)

日本の甕棺墓編集

解説編集

日本では縄文時代以降、甕棺墓が見られる。

縄文後期・晩期の遺跡からは、日本各地(東北~近畿~九州)で甕棺墓の風習があったことが判っている。その後、弥生時代前期~中期の北部九州において最盛期を迎える。北部九州の中でも福岡平野周辺一帯は、弥生早期から前期前半までは成人が主に木棺に埋葬されていたが、前期後半になると壺棺に代わった。それまでは、小児が甕棺に埋葬されていた。中期後半には長崎県や熊本平野まで拡がった。

墓地は一般集落構成員の墓と有力者層の墓とは別に造られるようになった。青銅製品などの副葬品にも差が出てきた。この地域社会にいくつかの階層が出来上がっていったことがわかる。それらの階層分化は、前期末~中期初頭の福岡県吉武高木遺跡、中期後半の福岡県三雲南小路遺跡1・2号甕棺、須玖岡本遺跡、後期になって井原鑓溝遺跡平原遺跡などで見られる。

弥生時代の甕棺墓の特徴は、成人専用の甕棺が作られた点、青銅製武器類(銅剣銅矛銅戈など)や銅鏡などの副葬品が見られる点にある。

各地の甕棺墓例編集

 
吉野ヶ里遺跡の甕棺墓列(発掘場所の真上に同じ並びで再現されたもの)

アジア各地の甕棺墓編集

東アジアでは、まず紀元前2000年よりも前に中国に現れ、かなり後に朝鮮半島にも伝わったとみられる。ほとんどが乳幼児のものであったが、成人のものも、まず中国に現れ、かなり後に朝鮮半島の西南部にも伝わったとみられる。 また、東南アジアでも紀元前数世紀の頃から、ジャワ島ベトナム中部(サーフィン文化)を中心に甕棺墓が行われていた。これについては、海洋民の習俗だったとする見方がある。 さらに南インドにおいても、紀元前数世紀頃の甕棺墓の跡が発見されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 「吉野ヶ里遺跡の紹介 > 甕棺墓列 > 発掘調査」、吉野ヶ里遺跡、2017年9月2日閲覧
  2. ^ 「吉野ヶ里遺跡の紹介 > 北墳丘墓 > 発掘調査、保存」、吉野ヶ里遺跡、2017年9月2日閲覧

関連項目編集